恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

長く付き合う彼との結婚を考える人に気づいてほしい3つのこと

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

長く付き合っていると、徐々に頭に浮かぶ事がありますよね。

そう、「結婚」という人生の一大イベントです。

更に周囲が結婚ブームとなると、自分の気持ちもソワソワしてしまうもの。

限りある時間の中で、彼と過ごした思い出が増えれば増えるほど、ゆくゆくは夫婦として生きていきたい、と思うのは自然の流れなのかもしれません。

しかし、付き合う期間が長いほど、メリットもあれば、デメリットが出てくる場合もあります。

今回は、前に進みたいけれど、彼との未来に少し不安があるという方に、立ち止まって考えてほしい事を、3つご紹介致します。



スポンサードリンク



1.「彼が」いいより、「彼で」いい、に要注意。

557_R

夫婦と同じく、付き合っているカップルにも、同じ時間を長く共有する中で相手の色々な面が見えてきます。

そして、価値観の違いから、喧嘩をすることもあるでしょう。その中でもしかすると、どうしてもここは許せない!という一面もあったかもしれません。


しかし、また新しく出会いを探し、恋愛をして、両思いになるという道をたどるのは大変なこと…。


年齢と共に若い頃の意欲が減り、傷付くのがどんどん怖くなって、行動まで臆病になってしまう事、よくありますよね。


しかし、夫婦になると、今まで過ごした期間の何倍もの時間を共に歩んでいくことになります。


もしあなたが、「今の彼氏なら一緒にいて楽だし、価値観が合わない所は目をつぶろう。」という風な気持ちになっていたら、これから先の長い将来の為、幸せへの道を少し考え直してみるのも、一つの選択肢だと思います。


特に価値観のズレが、長い夫婦生活で「どうにも埋められない溝」になることもあるのです。

今感じている価値観のズレは、目をつぶっていいものか、小さなストレスが積み重なっていくものなのか、しっかり見極めましょう。


もちろん、どんな相手にも少なからず短所はあるものです。自分自身との相性や、長い時間を支え合いながら乗り越えていけるか、という面で考えてみると良いと思います。



2.お互いに思いやりが減っていないか

549_R

最初の頃は、優しい言葉をたくさんかけたり、お互いに愛情表現を大切にしていたのに、いつの間にか一緒にいる事が当たり前になっている場合は、もう一度初心を思い出してみましょう。


いつまでも、付き合い始めた頃のドキドキ感を100パーセント保つ事は難しいかもしれませんが、「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、一番近くにいる相手だからこそ、大切に想い合う事が必要です。


もし今の時点で「思いやりが減っている…」なんてことになっていたら、この先子どもが生まれて、二人で乗り越えるべきことが次々に起こるときにぶつかり合ってしまう…なんてことも。


長年一緒にいるからこそ、いつまでも自分にとって一番大切にできる存在でありたいですよね。



スポンサードリンク



3.具体的な計画が無い

538_R
付き合って長いけれど、相手が自分の将来まで考えてくれているか分からない、この先についてはっきりとした言葉を言ってくれない、と悩んでいる方は、思い切って相手に気持ちをぶつける事も時には必要かもしれません。


それも、「部屋にゼクシィを置いておく」という回りくどいやり方ではなくて、「結婚とかどう考えてる?」と直接ストレートに聞いてみましょう。


特に女性は、いつか子供を産みたいと考えている場合、「お付き合い」の時間は果てしなく続く訳では無いですよね。


もしかすると、彼は言い出すタイミングが分からずにいるのかもしれませんし、最悪の場合「付き合うのは都合がいいけれど、結婚相手としては考えていない。」なんて、衝撃の事実を告げられる可能性もあります。


後者の場合だったら、そんな彼との長いお付き合いはさっさと解消して、人生の軌道修正を図らなければいけません。


その意味でも、自分から少しアクションを起こしてみるのも悪くないと思います。



おわりに


いかがでしたか?

今回は、あくまでも長年付き合っている彼との結婚に、少し不安を感じている方へのアドバイスをご紹介しましたが、もちろん期間が長い分、お互いの絆を深め合い、良い所をたくさん見つけられる、というメリットもたくさんありますよね♩


結婚となると、色々な悩みも当然出てくるかと思いますが、この先、皆様の恋が幸せな未来へ向かうことを心から願っています( ´ ▽ ` )


(ライター hana)



スポンサードリンク

この記事を書いた人

hana
hana
月に10冊は本を読むほど読書好き。

本を片手に、まったり過ごす時間が何より幸せです。

日常で感じた事や、今まで得た知識を書いていきたいと思います。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ