長く付き合う,カップル

女子ハウ

長く付き合うカップルで結婚できる人とできない人の3つの違い

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

「電撃結婚」という言葉があるように、出会ってすぐに運命を感じ、意気投合するカップルはよくいますよね♩

筆者の友人は5年付き合っていた彼氏と別れ、その後、交際期間半年の男性と見事ゴールインしました。

交際期間は、必ずしも長ければ良いとは限らないのかもしれません。

では、長く付き合っていた相手と結婚できる人とできない人はどこが違うのでしょうか。

3つの例をご紹介致します。



スポンサードリンク


1.お互いのビジョンを話し合えるかどうか

560_R
長年交際をしていても、先の未来について2人が計画をしていないと、ズルズルと時間だけが過ぎていくように思います。

何年後にはどうなっていたいか、お互いのビジョンを話し合うのはとても大切な事。


特に男性は、女性のように出産などのタイムリミットが無い分、自分の中でターニングポイントが無いと、なかなか結婚に踏み切れないように思います。

将来を共にしたいと考えていたのは自分だけだった、なんて事が無いように、相手の気持ちを確認しあう事が必要です。


相手がシャイで、なかなか自分から本音を話してくれない場合は、遠慮せずに話し合いの場を作るようにしましょう。


その際は遠回しではなくて、ストレートに聞きましょう。


そこではぐらかされたり、結婚までは考えていないことがわかったりすることもあります。彼がそんな対応をしたら、見切り時ですよ。



2.恋人から家族のような存在になっていないかどうか

561_R

長年付き合っていると、最初の頃のトキメキが無くなり、家族のような存在になってしまった、という話をよく耳にします。

もちろん、それほど信頼しあえる関係性は素晴らしい事です。

しかし、相手を異性として見られなくなるほど慣れ過ぎてしまった関係は、そこから先に進むことが難しくなる場合も。それが「長く付き合っているけれど、結婚に踏み込めない」理由であることもあります。


付き合うまでは、振り向いてほしい気持ちから、自分磨きも頑張っていたのに、いつの間にか彼と一緒にいられる安心感から、ファッションが手抜きになっていたり、気づけばすっぴんばかり、なんて事はありませんか?


そんなあなたを彼も「女性」として見られなくなり、プロポーズなんて考えられなくなってしまっているのかも…。


日頃から初心を忘れず、いつまでも女性として見てもらえるように、意識したいものですね♩

時には、旅行を計画したり、新しい思い出を作って新鮮な気持ちを取り戻してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



3.同棲に期間を決めているかどうか


結婚をする前に、同棲をするカップルは多くいます。

お互いの生活習慣を知れますし、何より毎日一緒にいられる事は嬉しいですよね。


しかし、同棲をするという事は、結婚してからの生活を、先に体験する事になります。あくまでも結婚をする為の準備期間と決めておかないと、「親がうるさい」「転勤になった」など外部要因で何か大きなきっかけが無い限り、結婚に踏み込めなくなる可能性も。


例えば、「結婚を前提に1年間同棲をしてみる」というふうに期間をきちんと決めることも大切かもしれません。


「結婚前の同棲なんて、親がなんていうか…。」という方は、こんなことを気をつければ大丈夫ですよ^^


結婚前の同棲を親に認めさせるために必要な3つのこと


また、一緒に暮らしていた彼と別れることになった場合、ダメージはとても大きいものです。

すでに別れているのに、引っ越しの手続きなどがあるため、そのままもう少し一緒に暮らし続けなければならないなんてことも。

四六時中一緒にいられるメリットもありますが、急に生活環境も変わるので、慣れないことも増えるかと思います。周囲にも相談をしたり、慎重に決めるようにしましょう。


※同棲解消のトラブルを最小限にするために、事前知識として押えておいてくださいね。

→同棲解消したい!と思ったら…トラブル回避に必要な5つの準備



最後に


いかがでしたか?

せっかく長くお付き合いしているのなら、後から後悔することが無いようにしたいもの。

お互いの未来の為に、2人にとって一番幸せな道を見つけられると良いですね!

(ライター yuri)

スポンサードリンク

この記事を書いた人

hana
hana
月に10冊は本を読むほど読書好き。

本を片手に、まったり過ごす時間が何より幸せです。

日常で感じた事や、今まで得た知識を書いていきたいと思います。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ