恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

遠距離恋愛が結婚のきっかけに!遠距離をプラスにする秘訣

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

いつでも会える、大好きな彼氏と仕事の都合で遠距離恋愛になってしまったとしたら…。当然、寂しかったり不安だったりしますよね。

でも、こんな時こそプラスに考えて結婚へ進めるきっかけになると知っていましたか?

今回は、遠距離恋愛になったものの前向きに捉えて見事結婚まで結びつけたある女性の体験談をご紹介します。

是非参考にして距離関係なくいつまでも彼とラブラブでいて下さいね!



スポンサードリンク


急な転勤で遠距離スタート!


彼女は当時、東京の会社で働いており、もう付き合って4年になる社内恋愛を楽しんでいました。

毎週土曜日に彼の家に泊まりに行ったり、どこかへ外出したり、逆にどこにも行かずにただ1日中ゴロゴロと2人でDVDを鑑賞したり…落ち着いた幸せな関係を築いていたそうです。


4年目ともなると、実家暮らしの彼女の家に彼が遊びに来ることもありましたが、時々皆でご飯を食べたりして両親との関係も比較的良好だったので、28歳の彼女はいずれ自然に結婚するものと考えていました。


そんな生活を送っていた中での突然の異動。


彼女はもちろん、彼自身も動揺しており、「どうしよう…異動って言われちゃった」と言った時の表情はいまでもハッキリと覚えているそうです。



会えない日々をプラスに使おう!

721_R

それから彼は3月中に福岡に引っ越し、彼女達の遠距離恋愛が始まりました。

毎日1回以上電話をしあって、何かと写真付きでメール連絡をしたり、お互いに「お休み」を言ってから寝るのが日課になったそうです。


遠距離恋愛が始まるまでは、なかなか会えない生活なんて寂しくて仕方がないのでは…と不安に思っていたものの、いざ始まってみると良い意味で寂しさはあまり感じなかったとのこと。


今までずっと毎週末を一緒に過ごしていた彼女は、土日をまるまる自分の為に使えることが新鮮で、せっかくなので次に会うまでの自分磨きに時間を使ったそうです。


例えばヨガに通ってスタイルを整えたり、英会話を習ったり、興味や趣味を広げることで内面も外見も彼女はどんどん成長していきました。


彼は新しい土地で覚えることも多く、ずっと忙しくしていたので、お互いに寂しいというマイナスな感情を押し付け合うことをしなかったことが上手くいった秘訣なのかもしれませんね!


スポンサードリンク


遠距離でお互いの存在を再確認した!


東京と福岡の距離なので、これまでのように毎週末会うことなんてもちろん無理な話。

平日であれば多少は安い飛行機も、仕事が休みの土日や連休になるとすぐに値段が上がるので2ヶ月に1回程度、彼女が会いに行くだけで精一杯でした。


転勤後、初めて会いに行ったのはGWの時で、特に旅費が高額だったのを覚えているそうです。

その次は夏休み休暇の時。

この時もシーズン的に旅費は高額だったのですが、この時に彼からプロポーズを受けたのです。


離れていた時間、彼も一緒にいたいと思う気持ちがどんどん強くなっていったのだそうで、存在の大切さを意識したようでした。

もちろん彼女はそのプロポーズを受け入れ、現在は会社を退職後彼と福岡に住んでいるのだそうです。


最初はどうしようかと思った遠距離恋愛でしたが、今になって考えると彼が転勤しなければ、結婚という選択を彼が踏み切るきっかけがなかったかもしれないので、あの転勤はプラスだったと考えているようです。


遠距離恋愛をマイナスにとらえず、自分磨きの時間、彼の大切さを感じる距離感をプラスに受け入れていたことが、結婚に近づいたと話してくれました。



最後に


遠距離恋愛には会えない時間は寂しさもあるもの。

ですが、その時間をどのように有効に使うか、それだけでただ「寂しい」と泣いて暮らすよりも明るい未来につなげることが出来ると思いますよ!

(ライター ぱんちゃん)




スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ