貯金,ない,男,結婚

女子ハウ

貯金のない男と結婚は危険!?男選びで失敗しないための5つのポイント

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

学生時代までの恋愛は、「好き!」という気持ちだけでいいですが、大人になるとそうはいってもいられません。

特に幸せを左右する大きな要素となるのが、金銭感覚。

社会人にもなって「貯金ないよ」という男性と結婚すると、後々本当に苦労します。

でもいきなり「貯金してる?」なんて聞けないし…という方に、貯金のない可能性大な男を見抜くポイントを紹介します。



スポンサードリンク



1:実家暮らしが長い男

280_R

実家暮らしが長い男は、生活感がありません


家にお金を入れるとはいっても、光熱費にいくらかかるのか。食費にいくらかかるのか。はたまた今、高い野菜は何?とか、そんなこと考えもしないでしょう。


もちろん、貯蓄をしておかないとヤバイという感覚は皆無のことも。


「実家暮らしで社会人をしていれば、その分家賃とか払わずに済むんだから、お金貯まるんじゃない?」と普通は思いますが、意外に、あればある分お金を使ってしまっているケースもよくあります。


実家暮らしの長い男性の場合は、ものすごくしっかり貯金している人と、全く貯金していない人と、本当に両極端


実家暮らしが長い男には、気をつけましょう。



2:通帳を母親が管理している男

418_R

一人暮らしでも、社会人でも

「カードは持っていて、入出金は自由にできるけど、通帳はお母さんが持っている」

という男性がたまにいます。


え?どういうこと?なんで??と思うかもしれません。


でも、いるんです。


通帳は母親が管理している訳だし、こういう男は金銭感覚をあまり持っていないと考えるのが妥当でしょう。


ただし、母親が管理しているので、貯金自体は結構たまっているかもしれません。


しかし、社会人になった息子の通帳を管理してしまう母親。そんな母親を持つ相手と結婚すると、姑としていろいろ口出しをされる可能性が高いのはいうまでもありません。




スポンサードリンク



3:見栄っ張りな男


見栄っ張りな奴、周りにいませんか?


高いものを身に付けることでプライドを保っている。

雑貨ひとつ買うにしても、必要以上に良いものや高いものを購入したがる。身分不相応なものを持ちたがる。


良いものを持つのと、見栄を張って高いものを買うのとは違います


こういう男は金に糸目をつけず、バカスカと高いものを購入します。


もちろん、彼らの辞書に貯蓄という言葉はないので気をつけましょう。



4:多趣味の男

426_R

もともと女性よりも男性の方が、収集癖があったり趣味が多かったりすると思います。

趣味を持つことは良いことですし、趣味を通じて学ぶことや人間関係が広がることもあるでしょう。


しかし、困るのが趣味が多すぎる男


ギターが好き。新しいギターが欲しい。楽譜が欲しい。


料理が好き。ちょっと変わった料理を作りたい。調味料を買わなきゃ。食材にも拘らないと。


ゴルフが好き。スクールに通ったり。打ちっぱなしに行ったり。週末はコースに出たり。


どれか一つにしろよ!とツッコミを入れたくなります。


多趣味な男は、確実に出費が多です。収支のバランスが取れません。


毎月、赤字は覚悟した方が良さそうですね。


ちなみに、最も危険なのが「車の改造が趣味」な男

車のパーツは1つ1つが高く、凝りだしたらきりがないので、彼の乗っている車が彼流にカスタマイズされている場合には、「貯金はないな」と思ってほぼ間違いないでしょう。



5:飽きっぽい男


多趣味な男に加えて、飽きっぽい男も貯金は出来ません。


例えば、「俺、ゴルフ始めたんだ」とゴルフ用品を一式買い揃える。

1ヶ月後、「スノボ始めたから」とボードやブーツ、ウェアを買い揃える。

長く続けてくれれば良いものの、すぐに他のことに気を取られている。

形から入るのでお金はかかるし、家には使わなくなった物が溢れている…。


言うまでもなく、貯金する気など毛頭ありません。



最後に


学生の間や、付き合っているだけなら、貯金なんかなくたって全然良いでしょう。


実家暮らしで生活感なんかなくても、「お洒落な彼♡」。

お金の管理を母親に任せっきりでも、付き合っている間は気付かないし。

見栄っ張りでも、「彼の部屋は、センスがいいの」と言えるでしょう。

趣味が多くても、「私の彼はなんでも知っているし、私に色々な世界を教えてくれる♡」と思い、多少飽きっぽくても「好奇心が旺盛なのよ♡」と気にならない。


しかし!!!結婚すると話は変わってきます。

これからの生活を共にする相手が、貯金を全くできないのでは困ります。

結婚で失敗しない為にも、見る目をしっかり養いましょうね。


(ライター Angie)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

Angie
Angie
元郵便局員のAngieです!ライフプランに合わせた、マネープラン、金融商品のことなどお金に関する話が大好き。
毎月貯まっていく貯金用の通帳残高を見るのが密かな楽しみです(ま、微々たるものだけど!)

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ