恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

片思いで振られた経験を次の恋にいかす!失恋から立ち直る秘訣

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

学生時代から既にモテモテだった人、大人になってから急にモテ出した人、人によって色々なケースがあると思います。

いずれにしても本気の片思いで振られたら、とてもショックで落ち込んでしまいますよね?

でもその経験、実はとってもいい経験だったりするんです。

今回は、初恋で振られてしまったもののどうやって立ち直ることができたのか?ある女性の体験談をご紹介します!



スポンサードリンク


初めてのトキメキに大暴走!


彼女の初恋は少し遅く、20歳の時にやってきました。

きっかけは、大学の友達の自宅で開かれたコンパ。彼女は初めて恋のトキメキを感じたそうです。


背が高く、サーフィンやサッカーが趣味のイケメンの彼は、外見だけではなく性格も優しくて、コンパ以来毎日のように連絡を取り合っていました。


それまでは自分の容姿に自信が無く、交際どころか恋自体をしたことがなかった彼女は舞い上がってしまい、彼の些細な言動全てにドキドキしっぱなし(笑)


2人でお茶をしたり、それなりに仲良くはなれたものの、まだ親しくなっていないにも関わらず、気持ちをついつい我慢できず、電話でいきなり告白をしてしまったそうです。


後先考えずに大暴走してしまった結果、彼からは「友達として、これからもやっていきたい」と見事に撃沈してしまいました。



舞い上がって見えていなかった周囲の状況…

d0bf283d62048e6f8728b347e9fafdc7_s

理想の彼に振られてしまいショックだったことはもちろんですが、更に彼女の傷をえぐる出来事がありました。


実は、その後彼に彼女が出来たのですが、その相手が自分と同じコンパに参加していた友達だったのです。2人は密かにお互い惹かれていたそうで、何も知らなかった彼女は二重のショックでした。


また、お互いに惹かれあっている2人の状況に気づかずにガンガン彼にアプローチをしていた自分も恥ずかしく、本当に穴があったら入りたいほどでした。


しばらくはショックで塞ぎこんでいた彼女でしたが、どん底まで気持ちが沈んだ時に思ったのです。「もう、二度とこんな経験はしたくない」と…。

そこから振られた原因や、自分の行動を分析して次の恋に活かそうと気持ちを切り替えていったそうです。



スポンサードリンク



告白される側になるように目指した行動をとる!


今回の失恋の1つに、「舞い上がり過ぎて、何も見えていなかったこと」が何よりも大きいと感じた彼女は、同じことが起きないよう、2度と振られることがないようにするにはどうしたら良いかを一生懸命考えたそうです。


そこで出た答えは、「告白される側になることを目指す」ということ。

もう人生で異性を追いかけることを、ここで彼女はすっぱりとやめることにしたそうです。まさに発想の転換!斬新ですよね(笑)


具体的には、まず外見を磨くためにダイエットで体重を落とし、お金が無いなりにもコンパのときには男性が好きそうな服装も用意しました。


ガツガツとアプローチする訳ではありませんが、なるべく多くの男性と話すように心掛け、自分なりに告白される側にどうやったらなれるのかを考えて冷静に行動するようになったそうです。


狙いはバッチリ!その後、見事にある男性から告白をされることになり、人生初の彼氏が出来たそうですよ♪



最後に


彼女はその後も色々な恋愛を経験し、現在相性の良い男性と結婚をして幸せにくらしているそうです。

当時は辛くて恥ずかしい記憶だった失恋でしたが、このおかげで冷静に恋愛での立ち振る舞いを身につけることができたと言っていました。

振られた経験を次に活かす彼女のその姿勢が、素敵な恋に繋がりました。

振られるのは辛いけど、それはとても貴重な経験。ぜひ彼女のように活かして、次は素敵な恋を手に入れてください!

(ライター ぱんちゃん)


★失恋はさらにいい女になるための、絶好の機会なんです。

→失恋から立ち直り女度をさらに上げる3つのコツ



スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ