恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

浴衣デートのラブラブエピソード!デートプランに迷ったらぜひ参考に♪

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

夏の花火を見ながら、大好きな彼と浴衣デート。女の子なら、誰でも夢見るシチュエーションですよね。

大人になると、わざわざ浴衣を用意することも少なくなり、もっと若い時に着ておけば良かったなぁなんて感じる人も少なくありません。

そこで今回は、ある女性の浴衣デートのエピソードをご紹介します。とても心が和みますので、青春の夏の恋愛を思い出して下さいね♪



スポンサードリンク


初めて過ごす彼との夏は、浴衣に挑戦!


彼女は高校生の時に、同じ地元の男の子と付き合っていました。

彼と付き合って初めての夏ということもあって、花火大会が待ち遠しく、彼からも浴衣を着て欲しいとリクエストがあったそうです。

地元の花火大会は毎年土曜日にあり、学生の彼女達には丸一日遊べる時間がありました。付き合いたてだったこともあり、彼とのデートはどこに行っても楽しくてしょうがありませんでした。


彼の提案で、花火大会までの時間は水族館に行こうと言われ、ますますテンションがあがった彼女は、彼にキレイな浴衣姿を見せて驚かせようと必至で素敵な浴衣を探したそうです。


彼女はすごく童顔だった為、「大人っぽい」「色気がある」というキーワードからはかなり遠い外見でした。

しかし今回は童顔だからと可愛らしい浴衣を選ぶのではなく、路線をかえて大人っぽい雰囲気で勝負しようと決めたのです(笑)



普段とのギャップで、浴衣デートは大成功!

cd560498b9e5dc26b2d114e5964a66ce_s

待ちに待った花火大会当日。

彼女は普段なら絶対に着ない、黒の浴衣で勝負にでました。

髪の毛のセットは得意な方だったので、崩れにくさと大人っぽさを合わせた髪型に仕上げました。


普段は着ない浴衣。

それも、いつもなら絶対に着ない色や髪型で違う雰囲気にしているので、本当にこれで彼が喜んでくれるのか、彼との待ち合わせ場所についてから、とても緊張したことを今でも覚えているそうです。


数分後、彼が小走りでやってきたのですが、なんと彼も浴衣を着ていたのです!身長が高い彼は、細身で黒の浴衣がとても似合っており、なんだか男の子なのにセクシーさを感じてしまった彼女。


いつもと違う雰囲気で挑戦している自分、いつもと違うセクシーな彼、色々な緊張で急に胸がドキドキして恥ずかしくなり、彼を直視することができなくなってしまったそうです。


そこで彼が一言。「俺、めっちゃ緊張している」と言ってきました。

「予想外の浴衣の色と雰囲気で、かなり大人っぽくてびっくりした。」
そんな風に彼女の浴衣姿について、素直な感想を言ってくれた彼。


それを聞いた彼女は嬉しくなり、彼も自分と同じように緊張しているんだということで緊張もすっかりとけて、キュンキュンしながら浴衣デートを楽しむことができました。



スポンサードリンク


彼の優しさに触れて幸せMAX!


水族館の中は、程よく薄暗く、とても静かで良い雰囲気だったそうです。

館内は涼しい上に疲れたらすぐに座るところもありますし、2人でゆっくりと魚を見たり、イルカショーを見たりしながら会話を楽しみました。


途中で「足大丈夫?下駄痛くない?」と彼はとても気遣ってくれました。実は彼女、この水族館デートについて、あまり移動するハードなデートだと、浴衣だから大変だろうと彼が優しさで水族館でのデートを考えてくれたことを、友達伝いで知ったそうです。


花火大会が始まる前に移動して、屋台を楽しみ、一緒に金魚すくいをしたり、射的でお菓子を取ってもらったり、本当に楽しくて幸せな時間だったそうです。


大好きな彼氏と屋台を見てキレイな花火を楽しむだけでも幸せでしたが、彼女は今日のために色々と優しく気遣ってデートプランを考えてくれた彼を見て、今この中にいるカップルの中で、自分は一番幸せだと思ったそうです。



最後に


このまま幸せがずっと続けば良いのにと思っていたものの、結婚には至らなかった彼女ですが、10年以上たっても忘れられない大切な思い出なんだそうです。

こういう心に残る青春時代の思い出があるなんて、とっても素敵なことですよね♪

(ライター ぱんちゃん)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ