恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

未婚シンママの決断をする前に考えておきたい3つのこと

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

素敵な旦那様と可愛い子供に囲まれて、幸せな家庭を築きたいと思っていたのに…子供が出来た途端に逃げられたなんて、最悪だと思います。

「産まれてくる子供に罪は無い!」「私は未婚のシングルマザーになる!」「立派に育ててみせる!」なんて息巻いてみても、現実は厳しいもの…。

そこで今回は、未婚シンママの決断をする前に考えておきたい3つのことをご紹介します!



スポンサードリンク


1人で生活するのも厳しい時代…経済面を考えよう!


最近では夫婦2人揃っていても共働きであったり、昼と夜に仕事を持つことでなんとか生計を立てている家庭も少なくありません。

お互いに正社員で働いていたとしても、経済的な心配から子供を作るのをためらう家庭もあるほどです。

そんな中、シングルマザーになったとしたら、当然自分1人だけで生活のやりくりをすることになります。出産前後は仕事を休まなければならないため、保育園に預けられる日までは、働かなくても切り崩して生活出来るような、ある程度の貯金も必要になってきます。


「今1人暮らしをしているから何とかなる」と思っていても、子供のおむつやミルクなど必要な消耗品や予防接種代でどんどんお金はかかりますし、保育園に預けても決して安いとは言えない保育料を払わなくてはいけません。


赤ちゃん時代が終わると子供の成長に伴って、学校関係の道具を買ったり、食費が増えたり、中学卒業後は学費もかかってくるので大変です。子供が熱を出したらすぐに早退したり休めるような仕事で、自分1人でも生計を立てられる仕事なんてそうそうあるものではありません。

子供に罪はありませんし、自分で育てたい気持ちは立派ですが、気持ちだけではどうにもならない経済的な問題が出てくることを考えておくようにして下さいね。



子供の世話をどうするか…長期的に考えよう!

59bccf89f9a100ec2d59524c5cc0bee8_s

子供を預けられるようになったなら、一生懸命働けば良いと考える人もいると思いますが、現実はそう甘くはありません。

子供を預けるには保育料を払わなければいけませんし、例え預けることができたとしても仕事から帰って子供のお風呂に食事に後片付けに…と母親業をこなした後は翌日の準備。大人のように「何か作って食べていて」ということが出来ないので、家の中でもフルで活動した結果、疲れてしまうことも多いです。

あなたが疲れてダウンすると、当然その分のお給料は少なくなってしまいます。だからといって無理をしているうちに、大きな病気になってしまう人も少なくありません。

シングルマザーの中には、ご両親が協力してくれるパターンがあると思いますが、その手伝ってくれるご両親もいずれは老いていくことを忘れてはいけません。甘えられるところは十分に甘えた上で、最終的には自立できる生活を目指すようにして下さい。


「義務教育までは同居させてもらうおう」「看護師資格が取れるまでは一緒に生活させてもらおう」など、期間を決めて暮らすのはOKだと思います。間違っても両親が面倒をみてくれるしなんとかなるなんて思わずに、長期的なプランで生活が自立する方法を早めに考えておいて下さいね。



スポンサードリンク



良い人がいても…シンママへの偏見も覚悟しよう!


仕事はもちろん、育児に家事に一生懸命頑張るあなたに良いパートナーが現れることもあるかもしれません。

しかし、一度シングルマザーになってしまったら偏見を持たれることも忘れないようにしましょう。昔のようにスムーズな恋愛が楽しめない覚悟は必要です。

どんなに相性が良い男性であったとしても、やはり子供がいる女性となれば大抵の男性は迷います。例え彼自身が受け入れたとしても、彼のご両親や友人などからは、マイナスの印象から入るかもしれません。


それどころか、未婚であるが故に「男遊びが激しいのでは…」「この子にも原因があったのでは…」「ただ父親が欲しいだけで金づるにされるのでは…」なんて、>あらぬ誤解を受けかねません。


真摯に対応をすることで、少しずつあなたの良さを分かってもらえるとは思いますが、昔のように本人同士が好きなら関係ないという恋愛は出来ないでしょう。

また、恋愛をするのなら「あの人のことが気になるな」という気持ちと共に「子供の父親としてはどうか」というポイントも忘れずに確認して下さいね。



最後に


色々ネガティブなことをあげてしまいましたが、それくらい未婚のシングルマザーになることは大変です。

「私が1人で育てるから」なんて意地になって全てを1人で背負わずに、家族にきちんと相談した上で、色んな角度から現実を見つめてみて下さいね♪

(ライター ぱんちゃん)



スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ