恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

振られた恋から立ち直る…新しい恋を見つけた彼女の体験談

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

片思いでの失恋も辛いものですが、恋人になった後の失恋は、1度深い仲になった分辛さも増しますよね。

彼に振られたら、あなたは自分の力で立ち直りますか?それとも誰かに相談しますか?

今回は、身近な人達の支えで失恋から立ち直ることができた、ある女性の体験談をご紹介します!



スポンサードリンク


理想的な恋人!自分のワガママで台無しに…


彼女には高校生の時に2年間付き合っていた年上の彼氏がいました。

出会いは同じバイト先で、当時流行っていたアーティスト似の背が高い彼。完全に彼女の一目ぼれで始まった恋で、まさしく理想的な恋人だったそうです。

彼は車をもっており、色々なところに連れて行ってくれたり、親に合わせてくれたりと、彼女の今までの交際では経験したことの無い連続で幸せでしたが、付き合う期間が長くなるにつれて、ついつい彼に甘えるようになってしましました。

少しのワガママや甘えん坊な態度は可愛いですが、彼女の場合はどんどんエスカレートしてしまったことが原因で、彼がついに愛想を尽かし、結果的に振られることになってしまいました。



何でも話せるお母さんの存在!

db1097959601659fcd24a2cd9fd81043_s

振られた時の衝撃は、10年以上たった今ですら忘れられないほど大きなものだったそうで、自分の行いを悔いて3か月は毎晩のように泣いていた彼女。


彼のいない毎日が苦痛で仕方なく、ご飯もほぼ食べられずに短期間で3キロ痩せてしまったり、しまいには死んでしまいたいと思うほど落ち込んでいました。


そんな彼女を支えてくれたのが、仲良しのお母さん。

日頃から恋バナなども言っていた為、彼女の話を本当に親身になって相談にのってくれたそうです。

失恋して食が細くなった時には彼女だけ特別に食べやすいものを作ってくれたり、買い物で気を晴らそうと気分転換をさせてくれたり、生活面でいろいろサポートをしてくれたとか。


「1人でいると思いだすから」と出来る限り一緒にいてくれて、「この失恋はいつか出会う、旦那さんとの出会いの一歩だから」とポジティブな言葉で支えてくれました。


もし、思いっきり甘えられるお母さんという存在がなければ、1人で家にこもっては泣いて暮らし、精神不安定になっていたかもしれないと彼女は今も感謝の気持ちを持ち続けているそうです。


スポンサードリンク



気持ちを共有してくれる親友の存在!


家庭ではお母さんが支えてくれた彼女でしたが、学校やそれ以外の場所では親友の存在が大きかったと彼女は言います。

その親友は、毎朝の通学や休み時間中、ずっと一緒にいてくれました。


彼女のことを楽しませようと、面白いことをして笑わせてくれたり、色々な話をして失恋から意識をそらそうとしてくれたり、学校内のイケメンを皆で探したりと本当に支えてくれたそうです。


学校帰りにも、マクドナルドでお喋りをしたり、カラオケに行って思いっきりストレスを発散したり、時には一緒に泣きながら相談にのってくれたり、その行為自体も楽しかったそうですが、何よりも自分の為にこんなに動いてくれる気遣いが嬉しく、少しずつ次の恋へ向けて失恋の気持ちをリセットすることが出来たそうです。


もちろん、未練もなく完璧に立ち直ったとは言い切れなかったものの、元気は取り戻すことが出来ましたし、時間が経つにつれて泣く時間が少なくなっていきました。


無理に立ち直ろうとしなくても、少しずつで良いんだと自分の状況を皆のおかげで受け入れることができたのです。



最後に


現在、彼女は別の彼と交際後に結婚をし、普通の生活ながらとても幸せに暮らしているそうです。

あの失恋がなければ今の旦那様とも出会っていなかったのだから、今となっては良い思い出だし勉強になったと言っていました。

支えてくれる人がたくさんいる彼女は、きっと旦那様にも魅力的に映ったのでしょうね!

(ライター ぱんちゃん)


★別れた彼のことが忘れられないときには、こんな方法を試してみて。

→別れた彼を忘れる方法!もう泣かないための3つの方法



スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ