彼氏,飲み会,連絡

女子ハウ

彼氏に飲み会の時に連絡をもらうことを上手にルールにする秘訣♪

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

彼氏の飲み会にあまりうるさく言いたくはないけれど、でも飲み会の時には連絡ほしい!と思ってしまうのが女心。

一方的に束縛や文句を言ってしまっても、それは却って逆効果になる危険性があるので悩むところです…。

そこで今回は、彼氏と上手く話し合うことによって飲み会のルールを決めることができたある女性の成功例をご紹介しますので、是非参考にしてみて下さいね!



スポンサードリンク


お酒の弱い彼氏に、心配することがたくさんある!


彼女の彼氏は1歳年下で、付き合ってすぐに転職をした彼は、偶然にも彼女の地元の会社の就職をすることが決まったそうです。

新しい職場では飲み会が多く、職場に近い彼女の実家によく泊まりに来ることも多かったようですが、職場には内緒で居酒屋のアルバイトも掛け持ちしていた為、なかなか会えない日が続く日々だったそうです。


職場での飲み会は、大抵彼女の実家近くの居酒屋で行われていたため、よく迎えに行った彼女。

お酒の弱い彼はいつもベロベロに酔っていたり、連絡がつかずに心配して探しまわったことがあったりと、とても大変だったそうです。



お互いに納得できるルールを決めた!

614_R
彼の酔い方では、いつか失敗をしてしまったり、事故にあってしまっては大変だと思い、彼女は飲み会に関するルールを3つ決めました。

・1次会が終わったら必ず連絡をすること
・2次会の場所を必ず連絡すること


また、彼女の実家に泊まるときには彼女が迎えに行くので安心ですが、飲み会場所が彼女の実家から遠く迎えを頼まない場合は、飲み会が終わる時と帰宅時に連絡をすることという3つのルールをお願いしたそうです。


今までお酒に弱くて彼女に迷惑をかけたこともある彼は、すんなりとそのルールを受け入れてくれました。

そして、連絡をしなければということで意識されるようになったのか、泥酔するまで飲むことがなくなったそうです。



スポンサードリンク


自分の気持ちを素直に話そう!


お互い納得して決めたルールだったので、2人で決めたルールに加えて飲み会の始まる前の様子を写メで送ってくれたり、彼女が知らないバイトの飲み会メンバーの話も積極的にしてくれるようになったそうです。


何も知らない相手より、少しでも情報を持っている相手の方が、彼と飲み会にいっても安心していられますよね。

彼女はそういう彼の心遣いを素直に嬉しいと喜び、今まで彼を疑っていた自分が恥ずかしくなったことを彼に伝えたそうです。


すると彼は、「不安に思わせてしまっていた自分が悪い」「不安に思うほど、自分を好きでいてくれて嬉しい」と優しい言葉を言ってくれました。


ルール作りの時からですが、彼女は一方的に不満や守ってほしい約束を彼に強要したわけではありません。


きちんとした理由と共に心配や不安な気持ちを話し、彼が納得した上でルールをお願いしていました。そして、約束を守ってくれる彼氏に感謝している気持ちを素直に伝えました。


そういう素直な気持ちが、彼氏を変えたのかもしれませんね♪



最後に


飲み会の時に連絡が欲しい。そんな女心は一歩間違うと、「過度な束縛」として彼氏の負担になってしまうことがあります。

それを上手にお互いに気持ちを伝えあうことで、理解が深まりもっと良い関係が築くことができるといいですね。

心より応援しています♪

(ライター ぱんちゃん)



スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ