年下男性へのアプローチ

女子ハウ

年下男性へのアプローチ|彼を虜にする大人の女の演出法3選

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

好きになった男性が「年下」だとなんだか気が引けてしまうものです。

「年上のオンナなんて魅力的に感じてくれないかもしれない」

「同い年の女の子は若くてかわいい子ばかり!敵うわけない…」

「私なんて彼から見たらお姉さんよね」

なんて諦め腰になっていませんか?!

彼を諦めてしまうのはまだ早いです。年上の女性ならではの魅力で彼を落としましょう!



スポンサードリンク



いい年上女はお願い上手


212_R

多くの年下男、特に20代の男性は経験こそ少ないものの「根拠なき自身」に満ち溢れている人が多いですよね。

若いので勢いがあるのですよね。仕事でもプライベートでも、アグレッシブに活動している人が多いと思います。


そんな勢いのある年下男性は、プライドもソコソコ。なんでもかんでも年上らしくリードしてしまうと、気持ち的に恋愛に発展しづらくなるものです。


そこで!!年上女から年下男にアプローチするにあたって、是非取り入れてほしいのが「上手にお願いする」こと。


日常のちょっとしたことをお願いして褒めるのです。


あなたにとっては「こんなのできていて当たり前!」と思うようなことでも、「これ、お願いしてもいいかな?」とお願いします。

そしてお願い事をしてくれた際には褒めて尊敬しましょう。


年上から尊敬をされると、年下男の自尊心は輝きだします。お願いをすることで上手に煽てましょう♪



大人ならではの寛容さを見せる


201_R

年下男は、時にワガママをいう時があるかもしれません。

そんな時も「キーッ!」と怒らず、寛容に受け入れましょう。その余裕こそが大人っぽくて色っぽいのです。


ワガママだけでなく、同年代女子ならヤキモチを妬いたり文句を言うようなシーンでも、「あら、そう?」とほほ笑むくらいの余裕がいいですね。


勿論すべての事に対して寛容になる必要はありませんが、逆に怒る必要のないところを寛容でいるとその包容力にグッとくるはずです。


余裕のある年上の女性は、年下男に限らず誰の目にも魅力的に感じられます。

どうぞお試しください!



スポンサードリンク



いざという時は助ける


小娘にはできない芸当をご紹介しましょう。

それは、彼が窮地に立たされていて本当に困っている時に助ける、ということ。

これこそ、経験も豊富で先を読むことができる、大人の女ならではの魅力です。勿論彼のプライドを傷つけないように、さりげなく助けるのです。


そしてその恩は押し付けがましくするのでなく、「あなただから助けたくなった」ということも伝えると尚よいでしょう。

いつも優しげな表情の女性が、いざという時かっこよかった!なんていう展開は、同じ女としても憧れてしまいますね♡



まとめ


年下の男だからといって高い壁を感じる必要はありません。

年齢こそ違いますが、男性として魅力的に感じた以上、そこに年齢の問題はないはずです。


あなたはとても素敵な男性に恋をしたのですから(もしくはしかかっている)、自信を持って年上ならではの魅力を彼に魅せ、虜にしてしまいましょう♡

(ライター よっこ)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

よっこ
よっこ
元営業として活躍、現在はライターとデザイナーをしています。
人間関係のふか~い話がとても好きで、中でも恋愛に関係する話は大好物!人生好きなように生きるがモットーです。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ