年上男,脈あり

女子ハウ

年上男性の脈あり/脈なしの見分け方|勘違いする前にこんな行動をチェック!

読了までの目安時間:約 5分

 

年上の男性の脈あり・なしってどうやって判断をしたら良いの?

と悩む女性は多いと思います。これは?と思うことがあっても勘違い女子だけは避けたいもの。

今回は年上男性の脈あり行動についてお伝えします。ご自身の判断の目安にしてくださいね♪



スポンサードリンク


年上男性の生態とは


年上の男性は、同年代や年下の男性とは違うのでしょうか?

いえいえ、基本的な部分は何も変わりません


ですが年上男性の多くは、人の心や状況を敏感に察するところがあります。

これは積み重ねてきた社会経験から、不穏な関係にならないように、そしてあらゆる状況でも事前に察知してスマートに対応できるようになっているように感じられます。社会的に成功している人ほどこういう傾向はありますね。


直球な言動が多い若い男性とは、こういう点で違います。これが、年上男性の魅力ともいえるでしょう。

と言っても気心が知れてしまったら、そんなのどこかへいってしまうケースも多いものですけどね。



年上男性の脈あり行動とは?


そんな年上男性の脈ありサインとなるのが、こちらの行動です。

1:連絡がくる

114_R


年上男性の方から頻繁に連絡が来るようでしたら、それは脈ありと思ってOKです。

仕事をしている年上男性、特に30代オーバーは沢山の人に小まめに連絡をしません。する人はいても少数派でしょう。


そして利害関係のない女性に対してでしたら、下心は基本的にあります。ただし、そういう下心による連絡は、複数人にとっていると思ったほうが良いでしょう。



2:お誘いがある


デートのお誘いがあったら、それは大いに脈ありと思って大丈夫です。

特に2回目以降のデートについては好意があると思います。



スポンサードリンク



3:行くお店を要チェック


デートの時などの彼のお店の選び方は、要チェックです。

デートしながら検索したり、適当に店を選んでいたりしたらちょっと怪しいです。

恋愛的な目でいたら、あなたにも好意を持ってほしいと思っているのは当たり前ですので、あなたにとって居心地の良いお店を選んでくれているようでしたら脈ありかもしれませんね。


ちなみに筆者は行くお店で脈あり・なしを判断していましたよ。
好意があればあるほど、居心地の良いお店を考えて連れて行ってくれるものなのです。


その他にもたくさん気になる行動はあると思います。

同年代や年下の男性は積極的で情熱的なアプローチをしてくれますが、年上男性の場合は「あなたにとって良い関係を築こうとしてくれているかどうか」が、脈あり・なしの判断基準になると思います。

利害のない関係で、この人は一緒にいると居心地良いな、と思ったらそれは脈ありかもしれません。



これは脈なしかも?な行動


ひょっとしたら脈なしかな…というときには、こんなところをチェックしてみてくださいね。


1:話す時に腕組みをする


腕組みながら話す場合は、自分の心を周囲からガードしている状況です。自分一人で考え込むときや意見や考えを話す時に多く見られます。


話している時にやたらと腕を組んでいたら、あなたから自分をガードしている状況かもしれません。



2:視線が合わない


誰だって気になる人はしっかり見てしまうものです。あまり視線を感じない場合は、脈なしと思っても良さそうです。



3:相手が利害関係にある


相手がいくら居心地の良い関係を築いてくれていても、利害関係にある場合は基本的には脈なしと思ったほうが無難です。

例えばお店のスタッフさんとお客の関係など。

彼がしてくれる様々な行動は、他の女性客にもしている可能性大。明らかな出来事が無い場合には、脈なしと思っておきましょう。



最後に


脈あり・なしの判断は難しいですよね。

特に年上男性の場合はわかりづらい場合もあるので、脈あり・なしの判断には注意が必要です。


ですが「これって脈あり?」と思うということは、きっとあなたはその人に恋をし始めているのかもしれません。

年上男性を振り向かせるのはなかなか勇気のいることですが、あなたから少しずつ歩み寄ってみるのも良いかもしれませんよ!


★ちなみに!二人でいい雰囲気になりたい…と思ったら、会話にちょっとしたコツが必要です。

→いい雰囲気になる方法!気になる彼との会話の3つの心得


(ライター よっこ)

スポンサードリンク

この記事を書いた人

よっこ
よっこ
元営業として活躍、現在はライターとデザイナーをしています。 人間関係のふか~い話がとても好きで、中でも恋愛に関係する話は大好物!人生好きなように生きるがモットーです。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ