年上男性,デート,誘い方

女子ハウ

年上男性のデートの誘い方~本命昇格へ可能性を高める3つのポイント

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

年上の男性が好きになって、なんとか本命になりたいけれどイマイチどうやって誘ったら良いのかわからない。
そう悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

歳の差にもよりますが、ある程度離れていると尚悩むことですよね。

男性が年下の女性を誘うのでしたらそんなに問題ないでしょうけれど、その逆は心臓がバクバクものです。

そんなどう誘ったら良いのかわからない年上男性に恋する女性の皆様に、年上男性の誘い方のポイントを3つご紹介しましょう!



スポンサードリンク



今度○○へお誘いしても良いですか?

082_R

本命の座を狙う女性はぜひこの言葉を使ってください。

「今度○○へお誘いしても良いですか?」

○○は食事でもお酒でも遊びでも、何でも良いです。

あなたが彼と一緒にしたいことを誘います。

そして反応を見ましょう。


実はこの言葉は回りくどく誘う方法ではありません。

率直に「あなたに関心(もしくは好意)があるので今度○○をしたいです。良いですか?」と言っているようなものです。

つまりはプレ告白です。


なんでそんな事を?と思う人も少なくないはずなので説明しましょう。

実は本命になるには、てっとり早く「好き」という気持ちを伝えることが一番効果的なのです。

人は「好き」と言われたり「好意」を感じたりすると、その相手を意識してしまうモノなのです。あなただって、誰からか好意を感じたら悪い気はしませんでしょう?

今回ご紹介した誘い方は、相手の意見を尊重していて押し付けがましくない方法ですし、それでいてある程度の好意も伝えられています。

そしてこの段階では断られないことが殆どですので誘いやすいですよ。

ぜひトライしてみてください♪



事前に口説いて誘いやすい状態を作る

071_R

突然ですが、女性って「男性に追いかけられ、口説かれるのが当たり前」だと思っていませんか?

筆者はそんなことないと思うのですよ。

「口説き下手な女性」は「追いかけられない女性」だと考えています。彼の本命になりたいと思ったら、ぜひ積極的に口説くのが上手な女性になってください。


と言っても、男性が女性を口説く時のようなことをお勧めしているわけではありません。


女性は女性の口説き方があります。


彼が喜びそうな言葉を使ったり、寂しがったりヤキモチを妬くふりをしたりなど。

「水商売の人がしそうなことじゃない!」という人もいそうですが、まさにその通りなのです。


参考にすべきは彼女たちの男性の喜ばせ方なのです。


会話上手になり、彼があなたの言葉によってご機嫌な状態になると、あなたが「○○したいな」と発言したら自動的に「じゃあ今度行く?」と彼からお誘いをしてくれることもあります。

スキルを高めてから、ということになりますが、こういう方法の「お誘い」だってあるんですよ♪



スポンサードリンク



ストレートに誘っても大丈夫


一つ目、二つ目は「あの手この手系」をご紹介しましたが、最後はシンプルに。

思い切ってストレートに誘いましょう。


大丈夫です。


結果NGだったとしても、たいていの男性は年下の女性から誘われると嬉しいものなのです。矛盾していますがそんなものなのです。


その時だめだったとしても、また機会をうかがって誘ってみましょう。


年上の男性ということで、ついつい臆病になってしまいがちですけれど、付き合ってしまったら対等になると思ってストレートに誘ってみましょう♪


ひとつめに紹介した「○○に誘ってもいいですか?」や、ふたつめの「事前に口説いて彼に誘ってもらう」方法よりもずっと単純で、明るく爽やかな方法だと思います。



まとめ


女性から誘うことに抵抗感を感じる女性は、少なくありません。


男に飢えていた女子校出身の筆者としては、女性から誘うことになんら抵抗も感じませんが、おそらく多くの女性が「本音では男性から誘われたい」なのでしょうね。


憧れの男性を想い続ける日々、ある日彼からデートのお誘いが!デートを重ねるごとに想いが深くなってついに本命へ・・・なんてやっぱり理想ですし素敵ですもの。

でも彼からのお誘いをず~っと待ち続けていても、事態は何も変わらないことの方が多いものです。臆病な気持ちの自分と本命になりたい自分、天秤にかけたら絶対に本命になりたい自分の方が重いはず。


思い切って誘ってみましょう!

(ライター よっこ)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

よっこ
よっこ
元営業として活躍、現在はライターとデザイナーをしています。
人間関係のふか~い話がとても好きで、中でも恋愛に関係する話は大好物!人生好きなように生きるがモットーです。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ