恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

妻帯者の恋…コレは本気?遊び?の見極め方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク

少し前に放送され、主婦の皆様がたによくも悪くも話題となった「昼顔」。

筆者もレンタルで観てしっかりとハマってしまいましたよ~!

最初は「まぁ婚外恋愛だな~」なんて思って観ていましたが、話が進むにつれて深くなっていく泥沼がなんとも言えませんでしたね。

主婦の皆様が注目しただけのことがあるドラマだと思いました。

さて、それだけ皆様から注目されている「婚外恋愛」というテーマですが、妻帯者と恋愛をしている女性から見たら、はじめは遊びのつもりでも段々と気になってくるのは「コレは本気なの?それとも遊びなの?」という事だと思います。

今回はそんな婚外恋愛に勤しむ女性の「相手の本気OR遊び」の見極め方についてご紹介したいと思います!



スポンサードリンク



見極める前に知っておくこと


472_R

さっそく見極め方を・・・とその前に。

今回ご紹介する「見極め」ですが、何をもってして本気とするか、ということをお伝えしたいと思います。

今回の「本気」の基準は「離婚してあなたといたいかどうか(あなたと結婚したいかどうか)」です。

「とても大好きで大事だけど、離婚はしないよ」ということは今回はまだ遊びのカテゴリーとさせて頂きます。


そして見極め方を知る前に、まず知っておくべきことがあります。


あなたはなぜ彼が自分に対して本気か遊びかということを知りたいのでしょうか?知りたい女性が持つ多くの理由は「相手にメロメロだから」ということが多いと思います。


あなた自身が遊びで相手に対していい加減な感情でいたら、そんなに知りたい事ではないと思いますし、そのうち自然に知る事でもあります。

でも現状あなたがそうでないのでしたら、妻帯者の彼のことが大好きなのでしょう。

「今後彼との付き合いを進めていく上で、冷静な自分を保つために知りたい」

そう思う女性も多いかもしれません。ですが、冷静になるためと思っても知る事で一気に泥沼化が加速することもあります。


妻帯者の本音を知るという事は、あなたの中で間違いなく何かが変化することになります。

自分が取り乱す前に、改めて不倫をするということの覚悟を決めましょう。



1.土日祝日も一緒にいる


281_R

男性が本気になると、土日祝日も基本的に一緒にいたがることが多いです。

よく休日は家族のもとへ・・・なんてことが多いと思いますが、本気になった場合はあなたと一緒にいたがることが多いでしょう。

これは「本気」だと判断しても良さそう。


逆に会うのは平日のみで、休日は会わない関係は「遊び」ということが多いでしょう。

妻帯者が本気だということは、「すべてを失う覚悟ができている」という状態を指します。

家族を大切にしているのでしたら、まだまだ遊びだということが多いようです。



2.同棲している


196_R

単身赴任などしておらず妻がいるのにもかかわらず、同棲をしている場合は「本気」のことが多いでしょう。

単純に「家政婦」な気分でいる最低男もいるかもしれませんが・・・。

本来いるべきである家庭に身を置かないことも、本気の判断材料になります。

実際、筆者の知人男性も婚外恋愛をしている女性のところにはじめは通いでしたが、そのうち同棲するようになりました。

彼の場合は明らかに妻に原因がある状況だったのもありますが、何よりも彼女との人生を望んでいるようでした。

はじめは批判的に感じていましたが、妻帯者の本気はこんなに強い物なのか!と驚いたことがあります。



3.離婚の話が進んでいる


192_R

一番わかりやすい判断材料かもしれませんね。

妻帯者が離婚の話を具体的に進めている時も「本気の恋愛」をしている可能性が高いです。

離婚は相当な体力を使いますので、そんな疲れている時に遊びの恋愛をする人は少ないでしょう。

マルチタスクが苦手な男性ならばなおさらです。

離婚してすぐにあなたと結婚するかどうかは不明ですが、もしそんな状況下で恋愛をしているのでしたら、彼を疑うよりも支えてあげることに専念してあげた方が良いかもしれませんね。



スポンサードリンク



まとめ



いかがでしたか?

妻帯者は独身であるあなたよりも、本気になった時の覚悟が必要となってきます。

妻帯者が本気の不倫をするということは、「今まで得た全てを失うこと」なのです。

全てをぶち壊す覚悟を決められる人は、そういないでしょう。子どもがいたら尚更ですね。


ですのであなたが彼の本気度について考えたときに「もしかしたら私とは遊びだったのかもしれない」と思っても、詰め寄らない方が良いでしょう。

あなたが彼にいう言葉は直訳すると「私の為に、あなたの妻や子供は勿論、親の誇りや信頼、仕事、友人も全て捨てて!」という事なのです。


自分が言われて困る事は、相手にも言わない事です。


冒頭にも記述しましたが、妻帯者との恋愛の「本気」ということの定義が「離婚と再婚」になることが多いのです。そういう意味では本気ではない妻帯者の方が多いと思いますし、自然なことだと思います。


ですが、そもそも人を好きになる事に、勘違いはあっても紛い物は存在しないと筆者は考えています。


そういう意味では好きという感情があった時点で、例え妻帯者との恋愛であっても、どれも「本当の恋愛」だと思います。


その本当の恋愛をどう受け止めるか、育てるのか、ということで、妻帯者との恋愛が「自分イジメ」になるか「良い思い出」となるかが決まると思います。


くれぐれも妻帯者との恋愛が「自分イジメ」とならないよう、気を付けてくださいね!

(ライター よっこ)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

よっこ
よっこ
元営業として活躍、現在はライターとデザイナーをしています。
人間関係のふか~い話がとても好きで、中でも恋愛に関係する話は大好物!人生好きなように生きるがモットーです。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ