恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

夏祭りデートの誘い方|女子からかわいく誘うコツ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

夏と言えば「夏祭り」!屋台グルメ、花火、浴衣、夜景と盛り上がるポイントがたくさんあるため、彼との距離も縮まり、2人の関係も向上する最高のイベントです。

でも、夏祭りデートを成功させるには誘い方が重要。下手したら夏祭りデートさえ出来なくなってしまいます。彼を夏祭りデートにうまくかり出すのが誘う際の基本ポイント。

それだけでなく、付き合いたてのカップルはより恋心が燃えてしまうような、そして、付き合って長いカップルは彼が改めてあなたに惚れ直してしまうような、そんな誘い方が出来たら素敵ですよね!


そこで、女子から誘う際に役立つかわいいポイントについて紹介します。




スポンサードリンク



1)行きたさを無邪気にアピール


「○日に○○で夏祭りがあるから、行かない?」「今年も夏祭り行くでしょ?」

そんな普通の誘い方では勿体ないです。

せっかくの2人の関係の盛り上がりポイントですから、最大限利用したいところ。


そこで、まるで子どものように無邪気に、とても楽しそうであること、とても行きたいこと、彼と行きたいことを伝えてみてください。


表現の仕方は人それぞれですから、決まった言い方でオススメはしません。

あなたが子どもの頃、どんな気持ちだったか、どんな心を持っていたかを思い出して彼にぶつけてみて欲しいと思います♪


そんなあなたをきっと彼は愛おしいと惚れ直すことでしょう。



2)彼との夏祭りデートが特別であることをアピール


cd560498b9e5dc26b2d114e5964a66ce_s
夏祭りデートはカップルであれば当然しますよね。

男性の場合、それほどイベント好きではない人もいますし、ある程度の年齢になれば夏祭りというものに飽きてきます。


そこで、必要なのが、「彼」と夏祭りデートを楽しみたいというアピールです!


例えば、今年はせっかくだから浴衣を着たいと思っていること、浴衣を新しく買ったこと、夏祭りの可愛い髪型を研究中であることなど、彼との夏祭りデートで初めてのことをアピールすると、彼の心が動くことでしょう。



スポンサードリンク



3)はしゃぐ


メッセージで夏祭りデートに彼を誘ったとしましょう。

その際、(照)(嬉)(激)などの感情が高ぶっている様子をつけたり、はしゃいでいる絵文字((〃・▽・〃)などいろいろありますよね)をつけたり、見た目で可愛らしさと純粋な心を見せつけてしまいましょう。


もちろん、実際に会っているときにはしゃぐのでも構いません。



最後に


1年のイベントの中でも盛り上がるところと落ち着くところがあります。

春はお花見やピクニックなどでまったりデートが多くなり、梅雨はお家デートや飲食店での静かなデートが多くなり、夏にようやく盛り上がりのポイント(夏祭り、花火、遊園地など)が来るわけです。


そして、秋に涼しさと寂しさを感じつつのまったりデートで、冬はクリスマスや年末年始という大人デート。


一番盛り上がる、言い換えれば、わくわくをときめきにつなげられる季節が夏なのです!

この機会を逃さずに、誘い方から極めてしまいましょう!

(ライター miss blue)



スポンサードリンク

この記事を書いた人

Miss.Blue
Miss.Blue
今までの人生で遊ばれた回数10回、付き合った人数5人、告白した回数3回。

甘いものとおしゃれが大好きなアラサーです☆

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ