恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

「彼氏を束縛してフラれる重い女」は実際どれだけ重いのか

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

恋人には、自分を一番優先して接して欲しいという思いから、束縛を強めてしまう女性もいると思います。

その対象は、自分と同じ女性だけではなく、彼と同性の男友達や職場の同僚などにも広がり、彼の人間関係にまでヤキモチを妬いてしまう場合も…。

今回は彼の人間関係を束縛しすぎた結果、フラれることになってしまったある女性の失敗談をご紹介します。

別れに繋がる束縛はどれくらいの重さなのか、ぜひチェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク


初カレで毎日会いたい思いが暴走!


アルバイト先で偶然知り合った4歳年下の彼と仲良くなり、付き合うことになった彼女は、付き合い初めはとても仲が良かったそうです。


彼女も彼も恋愛経験が無かった為、お互いの休みの度にデートを楽しんでいて順調だったのですが、半年くらい経った頃から少しずつ2人の生活リズムが合わなくなってきてしまいました。

恋人がいる時期は、今までの恋愛経験ゼロの生活が嘘かと思うくらいモテ期で出会いも多かったのですが、目移りすることもありませんでした。


しかし、仕事の休日が徐々に合わなくなってしまい、今までみたいに毎週会うことができなくなった為に気持ちの変化が出てきてしまいました。


今まで頻繁に会うのが当たり前だったのに、会えないと思うと余計に恋しく、1日中べったりと会えなくても数時間で良いから会いたいという気持ちで彼のスケジュールを追い続けてしまったそうです。


彼女自身が振り返ってみても、そんな重たい気持ちを一方的に押し付けてくる彼女に、彼がうんざりしてしまうのは時間の問題だったのですが、当時の彼女はそんなことは全く気がつかないまま、「いつ会える?」「少しでも会えない?」会う時間を何度も催促してしまっていたそうです。



禁句連発!私とどっちが大切かを問い詰める!

dfcf4300f5375c6dee7a8aca3fc7a338_s

散々束縛する行為を重ねてきた彼女が、最大の失敗だったと思っているのは、「私と友達どっちが大事なの」という禁句を連発しながら、彼がうんざりする態度や失言を繰り返したことだそうです。


例えば、彼はシフト制の勤務だった為、休みが不定期だったのですが、ある日メールをしていたら突然電話がかかってきて、ちょっとした連絡が入ったそうです。

仕事中ではないのか聞いてみると、今日は休みとのことだったのですが…


休みが合えば、当然自分とデートをするものだと思っていた彼女は、「休みであることを聞いていない」と怒ったそうです。相手の都合も考えずに、彼の休みは全て自分優先でまわると思っていたなんてとんでもない考えですが、当時の彼女はそうだったのです。


彼と会えない時間が増える中、モテ期は相変わらず続いており、男友達ともたくさん遊んだり、彼とのことを相談する場合も増えていきましたが、彼は初めての恋人ということで彼女の中では特別な存在だった為、男友達に乗り換えたり、二股をかけようなんて全く思っていなかったのだとか。


しかし、いくら二股はしないと言っても、そこまで束縛されるとうんざりしてしまいますよね。気持ちが重い上に、女友達どころか同性や休みの過ごし方まで束縛する彼女に、彼氏の気持ちはどんどん離れていってしまいました。



スポンサードリンク



勢いに任せて気持ちをぶつけた、最悪の別れ話!


そして久々に彼と会えることになった彼女ですが、彼女はとても不満がたまっていた為、「翌日用事があるから、夕方しか空いていないし、今日は会えない」と断っていたそうです。


実は彼女、その時男友達と飲んでおり、「もうこんな状態じゃ付き合っている意味があるのか分からない」と愚痴をこぼしていたそうで、お酒の勢いもあり、いっそのこと振ってしまおうという気持ちが固まっていたのだそうです。


別れるならば、今の勢いのまま行くしかないだろうという気持ちになってしまい、彼女は男友達ど別れた後、アポなしで彼の職場の近くまで向かいました。

彼に、「話がある。仕事終わるまで近くで待っているから」と一方的にメールをして、その後彼が来るまで待ち続けたそうです。


彼はきたものの、彼女が今日は会えないと断ったので、この後友達と遊ぶ約束をしてしまった。あまり時間がないと言われました。最初に自分が断ったのにも関わらず、勝手に来て怒る彼女に彼はうんざりしていたようです


結局は彼に付き合っている意味がないと泣きわめき、彼に大迷惑をかけてしまったそうです。その日は彼も約束があるので帰って一旦落ち着くように言われ、翌日にきちんと話しあったものの、彼の方から別れを言ってきて、二人の関係は終わりました。



最後に


落ち着いて考えると、彼女は「自分からどんどん離れていく彼の気持ちが怖くて、気持ちを試すように我儘がエスカレートしてしまった」と反省していました。

やはり「相手の都合を考えること」と「自分の気持ちを冷静に伝えること」は、通常の人間関係だけでなく、恋愛にも大切です。


彼氏を束縛しがちな皆様。このポイントを忘れないようにして、彼女のような結末にならないようにご注意くださいね!

(ライター ぱんちゃん)


★彼氏への束縛もバランスよく!重い女にならないように気を付けましょう。

→彼氏への束縛はどこまでOK?重い女にならないための3つのルール


★彼氏を束縛しない女になるのも、そう難しくはありませんよ。

→「彼氏を束縛してしまう女」から卒業するための3つの秘訣



スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ