恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

両思いだけど別れる…辛すぎる気持ちの忘れ方

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

お互い両想いにも関わらず、お互いの環境や考えが合わずに別れることを選ぶことも存在します。

好きなのに別れなければならない。そんなにやるせないことはありませんよね。

そして嫌われたのではないからこそ、その傷は深く、失恋の思いはなかなか忘れられません。

そんな時はどうしたらいいのか。今回は彼とは両想いだったものの自分の夢を優先させた為に別々の道を歩くことになったケースを紹介します。



スポンサードリンク



憧れの先輩に片思い


彼女には中学校の頃からずっと好きだった人がいました。

同じバスケ部の先輩で、引込み思案の彼女でしたが中学2年生の時に思い切ってバレンタインデーのプレゼントと一緒に告白をしたそうです。


告白といっても中学生なので、手作りチョコと一緒に「好きです。これからも怪我をしないように頑張って下さい」と書いたカードを友達を通して渡してもらうだけのもの。

具体的に交際をお願いするということはありませんでした。


当時は気持ちを伝えるだけで十分でしたし、先輩からはホワイトデーにぬいぐるみとキャンディーをもらえたので大満足だったそうです。


その後、先輩とは別々の高校に進学しましたが、時々バスケ部の試合で見かけることもあり、「やっぱりカッコいいな」「好きだな」と憧れる気持ちは持ち続けていたそうです。


きっと先輩には彼女がいるだろうと、自分が付き合える可能性はないと分かっていてもやはり先輩への気持ちは捨てられず、何人かに告白されても付き合うことなく断り続けていました。



先輩と両想い!でも辛い現実が…

7e7c81257296366acea3614725e1959f_s

時は流れて短大生になった彼女。

ある日先輩の弟で自分とは同級生の男子から電話がありました。

今でも自分が先輩のことを好きで、誰とも付き合っていないというのを人づてに聞いた先輩が、電話で話したいと言っていると言うのです。


突然のことでとても緊張してしまい、うまく話ができませんでしたが、彼女の心には「もう一度きちんと話がしたい」という気持ちが強くなり、後日思い切って再度電話をかけたそうです。


中学生のときからずっと好きで、今でも気持ちが変わらないことをきちんと伝えたところ、先輩は真剣に話を聞いてくれ、中学生の時に先輩も彼女を好きだったけれど、バスケ部は恋愛禁止だった為、他の子も含めて付き合っていなかったことを教えてくれたそうです。


先輩とは付き合えないだろうと思っていた彼女にとって、それはまさに夢のような告白でした。


しかし喜んだのも束の間、先輩はもうすぐ留学する予定があることと、留学前に彼女に気持ちを打ち明けようと思ったもの遠距離になるからそのままにしておこうと諦めていたことを話しだしました。


弟から彼女が自分を想い続けていると聞いて、つい最後に声だけでもと思い電話をしてくれたのだそうです。



スポンサードリンク



お互いの夢に向かって失恋…


先輩は、彼女さえよければ短大を卒業した後に一緒に留学先にこないか聞いてくれたそうですが、一生を左右する問題ですので当然即答することはできず、彼女は1週間くらい本気で悩み続けました。


彼女には、地元で保育士になりたいという夢がありました。


何よりも地元と実家が大好きで、将来は地元と離れずに仕事をしたかったのです。

しかし、中学生の頃から脈がないと思いながらもずっと想い続けた人との両想いです。一緒には行けないけれど、待ち続ける気持ちを伝えました。


それを聞いた先輩は、「嬉しいけれど、待っててとは言えない」と率直に言われたそうです。

もしかしたら、留学先で夢を叶えるかもしれないし、必ず帰ってくるとも言えない。だから無責任に待ってて欲しいなんて言えないとのことでした。


結局彼女は両想いにも関わらず、一緒にこれないならという理由で振られる形になってしまい、ショックで悲しくて、やはりついていけば良かったかもと後悔することも多かったそうです。


本当に長く想い続けていた恋が叶う目前だっただけに、気持ちを抑え込んで次に進もうにもうまくいかないし、毎日泣き続ける日々が続きました。


友達に話を聞いてもらったり、一緒に泣いてもらったりしているうちに、少しずつ無理に気持ちを切り替えなくても良いという結論にたどり着きました。


思いっきり悲しい今の気持ちを感じて、次に進もう。

自分には地元で保育士になるという夢があるのだから、と先輩への恋心は完全に消えないものの、新しい目標を立てることで気持ちに折り合いをつけていったそうです。



最後に


無理に新しい恋をしようとか、食べまくろうとか、買い物しまくろうとか、カラオケで歌いまくろうとかではなく、悲しみを感じて赴くまま過ごしたことで、時間が少しずつ気持ちを忘れさせてくれたとか。

そんな彼女は、中学時代からずっと諦められなかった恋も今やっと思い出として思えるようになったと話してくれました。

あなたのその「諦められない恋」。しっかり向き合って悲しみを受け止めてあげたら、「いい思い出」にすることができますよ。

(ライター ぱんちゃん)


★失恋は自分を磨くチャンスでもありますよ♪

→失恋から立ち直り女度をさらに上げる3つのコツ



スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ