恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

上司のボディタッチの心理はいかに?好意の表れ?その男の本音を解説!

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

「おう!最近頑張っているか?」

なんていう上司の言葉と共に、ポンと叩かれる私の肩や背中。

気軽に触って来るなんてどういう事?!

身体の一部を上司と言えど異性に触られるという事実に困惑している人もいるのではないでしょうか。


女性の身体に触るなんて・・・「セクハラ?!」と思う人もいれば「私の事が好きなの?!」と感じる人もいますよね。もう色々考えちゃうから触るんじゃないよ!と言いたいところですよね。

今回はそんなボディタッチをしてくる上司(男)の本音について解説しましょう!



スポンサードリンク



肩をタッチ!このボディタッチはどうなの?


362_R

上司に肩をタッチされたらどんな本音があるのでしょうか?

この場合はなんでもないケースが非常に多いので安心(?)してください。

上司は自分とあなたとの距離を親密に感じていて(或いは親密になりたくて)気軽にタッチをしたのでしょう。もしくはあなたに自分の存在を認識してほしくてタッチをしているのかもしれません。


「肩を触られたからセクハラよ!」なんてあまり思わない方が、いいかもしれませんね。


有名人だってファンと一緒に写真を撮るときは、肩に触れることもあるくらい公的な行為だったりします。特別な感情は一切なく、あくまでフレンドリーにしている行為だと思いましょう。


ですが肩にタッチするだけでなく、肩を揉んできたり長くベタベタ触ってくるのは要注意ですよ!



背中や頭を触ってくる


091_R

この場合は肩とは少し異なり、少し特別な感情がありそうです。

背中の場合は恋愛感情とまでいかなくても、上司の中であなたは「少しだけ特別な存在」である可能性がありそうです。

背中を支えられてリードされている時は、控えめながらもあなたに気がある様子がうかがえます。


スポンサードリンク



また、頭に触れてくる場合は背中よりもさらに強い特別な感情がありそうですよ!

恋愛感情に限らず、家族のような親しみをもっている可能性が考えられます。

頭部はとても大切な部分ですし、髪を撫でられるととても気持ちが良く感じられるくらいデリケートな所でもあります。

ここを触られたら、恋愛に限らず、かなりの親しみをもって接してきていると思って間違いないでしょう。



腰や膝を含む足は?


149_R

腰や膝などの足を触ってきたら・・・

そんな上司殴ってしまえ~~!(爆)

それはセクハラです!不快感があるのでしたら強く拒否をしましょう。

特に足の場合は拒否をしないと、今後の下心が満載の特別な関係をOKしたと思われてしまうこともあります。


足や腰を触ってくる上司は時に恋愛感情もあって触ってくる場合もあります。


ですが、そういう場合には恐らくあなたは上司の感情に気が付いているはずです。

つまり「上司の本音は何?!」なんて思わないと思うのです。

なので上司の真意が見えずに足や腰、お尻などを触って来るようでしたらただのスケベ心の可能性が大なので注意をしてくださいね!



まとめ


いかがでしたか?

簡単にまとめると、肩などのパーツに触れてくる場合の殆どが、「あまり何も考えていない」事が多いでしょう。

深く考えたり、下心や恋愛感情があっての行動ではない可能性が高いです。


ですが一方で、頭や背中の場合には、肩よりも特別な感情を持って触れてきている可能性が高くなります。普通触りませんもんね、頭や背中。筆者は彼氏とかが触る場所だと思っています。

腰(お尻)や足については要注意!セクハラの可能性が大いにあります!

拒否の姿勢を是非示してください!逃げて逃げて~~!!



今回ご紹介したように、身体のパーツによってボディタッチの意味合いが多く変わってきます。

上司に限らず一般的な関係の男性でも同様の事が言えますが、社会的な地位に関わってくる上司のボディタッチは、通常のボディタッチよりも深い意味があると思われます。

セクハラ!なんて訴えられたら大変ですものね。

それなりに考えた上でのボディタッチであることが殆どでしょう。


あなたの上司のボディタッチはいかがでしたか?読者の皆様がセクハラの被害に合っていないと良いのですが・・・。

気になるあの上司のボディタッチを振り返ってみてくださいね!今なら上司の本音が見えるかも?!

(ライター よっこ)



スポンサードリンク

この記事を書いた人

よっこ
よっこ
元営業として活躍、現在はライターとデザイナーをしています。
人間関係のふか~い話がとても好きで、中でも恋愛に関係する話は大好物!人生好きなように生きるがモットーです。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ