恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

マリッジブルーから結婚を破談にしたくなったら考えたい3つの事

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

結婚が決まって、式場選びやら着々と準備が進む中、

「このまま結婚していいの?」

と押し寄せてくるのがマリッジブルー。

ごく稀に、破談も前提に考え直したほうかいい縁談もあります。

今1度、心を真っ白にしてみてください。

これから述べる3つのどれかに当てはまるなら、要注意。あなたが描く、幸せな結婚とはどういったものでしょうか?

これから10年20年を大きく左右する大事な決断。引き返した方がいいなら間に合いますよ!



スポンサードリンク



1.親や仲のいい友達に反対されている


結婚するなら周りの全ての人に祝福してもらいたいものです。

親や大切な友達に「やめた方がいい!」と強く言われて、それを押し切って今に至るという人はいませんか?

その場合はしっかりと考えておく必要があります。

まず、どうして反対されているのかをしっかりと考えましょう。

彼とはその事について話し合っていますか?

彼がそこは頑張ると、問題点を理解し必ず認めてもらうと言ってくれているならこの先は明るいものかもしれません。

しかし、彼には言えず陰でであなたが両親を説得していて、あなたが今、不安になっているのなら、彼に話しましょう。

喧嘩になってもいいのです。必要な喧嘩です。

結婚とは縁です。強い縁で結ばれていれば、きっと乗り越えられます。

話しておくべき事は、必ずきちんと話して解決しておきましょう。

それが出来ない彼なら引き返すべきです。

幸せな結婚とは、両親や大切な友達から必ず祝福してもらえるものです。



2.結婚したら変わってくれるかもしれないと思っている

a99209865069145b03e8fb91164f3be0_s

結婚することによって、変わってくれるといいな…と思っていることがあるとすれば、残念ですが、人はそんなに変われるものではありません。

もちろん、変わったねー!という人もいます。

そこをカバーできるかどうかは、あなたが変わらない彼を好きかどうかです。

変わればもっと好きになるでしょうし、変わらなくても「好きだから仕方ないか。」と結婚生活は維持できるはずです。

適齢期の女性にとって、現在進行形の恋愛は半分くらい見えなくなってしまいます。

これで別れたら、結婚出来ないかもしれないと思ってしまうのです。

あなたの理想の結婚生活とはどんな物ですか?

その結婚生活に、変わってくれた彼しかハマらないようなら、立ち止まってもいいのかもしれません。



スポンサードリンク



3.あなたが彼にほとんど合わせている


あなたは彼に本音をちゃんと言えていますか?

なかなか本音が言いづらいというのはしんどいものです。

男性が結婚したい女性に対して癒しを求めるように、女性だって癒されたいのです。

ただでさえ、家事や育児がオプション追加されるわけですから、愚痴の一つも聞いてもらいたいですし、気分転換も手伝ってもらいたい!

彼の顔色をうかがって、我慢しているようでは疲れてしまいます。

そもそも本音が言えない彼をあなたは好きなのでしょうか?適齢期を過ぎ、焦ってしまっていませんか?

結婚はゴールではありません。

今までよりも長い時間彼と過ごすことになるのです。容姿はお互い衰えるわけです。

最後は心のつながりです。

今、そのあたりに不安があるなら、誰かに打ち明けてみてください。

周りの意見は時としてとっても正確です。



最後に


マリッジブルーの大半は、幸せすぎる状態から不安になるものです。

もしくは家族と離れて暮らすことになる寂しさもあるでしょう。

あなたが彼を心から好きであれば何の問題もありません。

家族に反対されていても、幸せそうなあなたを見れば最終的には応援してもらえるはずです。

ただ、本質的な彼の性格や、今までのお付き合いにぬぐいきれない不安があるなら勇気を出して話し合ってみてください。

ウェディングドレスはすっきりとした気持ちで着る方が断然美しいのです。

(ライター こも茶)


スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ