ギャップ萌え,女子

女子ハウ

このギャップ萌えでモテ女子に!思わずドキっとするギャップ3選

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

多くのモテ本にあるように、ほとんどの男性は女性のギャップに弱いものです。

ギャップとは普段見せていた姿と異なる姿の事を指します。


サバサバ系だけどお料理上手♡だとか。

遊んでいる風でいて実はしっかりしている♡だとか。


色んなギャップがありますよね。

今回はそんな「ギャップ」の中でも特に身につけたいギャップ、モテ度の高いギャップをご紹介しましょう!目指すはコミュニティで一番モテる女!!



スポンサードリンク



その1:3種の笑顔を備えよ


モテたい女子に陥りがちなのが、「いつも同じ笑顔でいる」状態。

明るく可愛い笑顔は確かに魅力的ですが、いつも同じ笑顔でいるのは、ギャップが生み出せずに刺激のないと思われてしまいます。


ではどうしたらギャップのあるいい女になれるのか?その答えは簡単。笑顔」を3種類用意しましょう。


その「3種の笑顔」がこちらです。


1つ目は日中見せる、明るくて爽やかな笑顔

2つ目めは、優しく包み込むような微笑み

3つ目は、女性らしいセクシーな笑顔



1日の中でこの3つの笑顔を見せると、男性は程よいギャップを感じ刺激を受けるので、飽きのこない魅力的な女性に感じるというわけです。


男性は揺れるものに反応しやすいと言われています。

耳元で揺れるピアスのように、1日の中で自分の表情をクルクルと変えてみましょう。


ただし!別人レベルで変えることはお勧めしません。ひとつひとつの表情が乖離しすぎると、不自然すぎて違和感を感じてしまうので、ナチュラルで小さなギャップを身につけるようにしましょう。



その2:初めてのことに感動できる

195_R

オトナになれば初めての事って、そうそうありませんよね。

なんでも経験したりある程度予測できるのが大人と言えるでしょう。

オトコだって同年代のオンナが何も知らないわけがないことは承知ですが、それでもやっぱりオトコはオンナの「初めて」が大好き♡

あれは一体なんでしょうね~??支配欲なのでしょうか?


と、いうことで身につけたいギャップとして提案したいのは「なんでも知っている風だけど、初めての事に感動できるオンナ」です。


つまり、「あの子ってすごくしっかりした大人なイメージがあるけど、初めてのことでこんなに喜んじゃうんだ~!」大作戦というわけです。


例えばレストランに連れて行ってもらった際に、テーブルマナーもバッチリだけど出てきたお料理の味に「こんなに美味しいのははじめて!」と感動できる。

花束を貰ったら、「こんなに素敵な花束貰ったのは初めて!凄くうれしい!大事に飾るね!」とか。


初めてのこと(実は初めての事じゃなくても!)に大きく感動できる姿は、普段の大人な姿と比べてると大きなギャップがあり、可憐で純粋に感じられることでしょう。


彼がしてくれたことに対してオーバーに喜ぶことは、本当にお勧めです。



スポンサードリンク



その3:自分と真逆のイメージを時折出す


1と2では自分のイメージに少し変化を出すギャップをご紹介しましたが、ここでは大きなギャップをご紹介しましょう。

それは「自分と真逆のイメージを出」というもの。

周囲が持つ自分のイメージというのは、大体の大人のオンナなら把握しているはず。

サバサバ系だったりしっかり系、可愛い系、キレイ系・・・などなど。その真逆の自分を演出してみるのです。


サバサバ系だったら、飲み会の時に甘えん坊なキャラ。

しっかり系だったら、ちょっとしたおっちょこちょいな姿。

可愛い系でしたら、誰かが困ったときに包容力のある優しさで助けたり。


時に自分の普段の印象と真逆な自分を見せることで、相手の持つ自分のイメージを良い形で裏切ることができます。

難しいかもしれませんがやる価値は大いにあります。是非お試しあれ!



まとめ


201_R

いかがでしたか?ギャップを作り出すということは、まず自分がどんな印象を持たれているのか?ということを把握することが大事です。

そして自分の中でそのイメージとは違う自分を上手に見せることができるのが、ギャップの見せ方が上手なモテ女だと思われます。

あんまり無理してギャップを演じると、周囲にばれて逆効果になってしまいますので注意してくださいね。


サバサバして仕事バリバリな女性が手作り弁当だった、ですとか近寄りがたい美人が酔うとコロコロ笑う笑い上戸だったですとか、意外と男性はしっかり女性の事を見ています。

ギャップ見せとは、モテには欠かせないエッセンスですので、是非皆さん身につけてくださいね!

(ライター よっこ)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

よっこ
よっこ
元営業として活躍、現在はライターとデザイナーをしています。
人間関係のふか~い話がとても好きで、中でも恋愛に関係する話は大好物!人生好きなように生きるがモットーです。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ