長期休み明け憂鬱

女子ハウ

長期休み明けに憂鬱な時を何とかのりきる3つの方法

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

好きな仕事だから、生活の為だからと頑張ってはいるけれど…休み明けの仕事は誰だって憂鬱なものです。

明日から仕事かと意識した瞬間から、「あー行きたくない」と面倒くさく感じてしまいます。

特に長期の休みの後は憂鬱になりがち。

そんな時、皆さんはどのように過ごしていますか?

今回は、どうすれば気持ちよく休み明けを迎えられるのか是非一緒に考えてみましょう!



スポンサードリンク



1:ポジティブなイメージで気分を上げよう!


明日仕事に行くというのが面倒な時、あなたは何を思っていますか?知らず知らずのうちに、ネガティブな妄想はしていないでしょうか?


 「先週終わらなかった仕事、片付けられるかな。」
 「メールでの問い合わせが増えていたらどうしよう。」
 「明日、お局様に嫌味を言われたら嫌だな。」




こんなことを、つい考えてしまってはいませんか?嫌なことを頑張る時ほど、ポジティブなイメージで気分を上げることが大切です。


「明日早く行けば会社のイケメンと話せるかもしれない。」
「新しい服を着て行って、皆に自慢しよう。」
「帰りは同僚とお気に入りのケーキ屋で新メニューを試してみよう。」




どんなに些細なことでも構いません。

実現しないかもしれないことでも良いのです。

とにかく会社に行くことに対して良いイメージを持つことで、明日に対する希望を見つけましょう。




2:憂鬱な気持ちを吐き出して、ゆっくり寝よう!

038986ff6d978c8efef08f592c4f2c11_s

翌日の仕事について心の中で考えていると、モヤモヤと割り切れない気持ちがどんどん増えて、しまいには悲しい気持ちになってしまうということも珍しくありません。


そこで、不満や不安は抑え込まず気持ちを外に出すことがオススメです。


声に出してみたり、ひたすら嫌な理由をノートに書き込んだり、あなたに合う方法で構いません。

気持ちを外に吐き出すことでとてもスッキリしますし、客観的に自分の気持ちを見つめることができます。もしかすると、一番の不満原因を知ることができるかもしれません。


その後は簡単!


暗い気持ちになるのは起きているからなので、気持ちを吐き出してスッキリしているうちにさっさと寝てしまいましょう。

どうせ朝は来るのです。それなら寝不足のまま迎えるよりも、心身共にゆっくり休めて下さいね!



スポンサードリンク


3:気の済むまで必死に抵抗してみる


もし、明日行きたくないなと憂鬱に感じている気持ちを誰かに話したとして、「そんなこと言っても行かなくちゃ」と言われた場合、つい言いたくなるのが「そんなこと分かってる!」と言う言葉ですよね。


まぁ、簡単に言えば逆切れなのですが、そんなこと分かっていても嫌なものは嫌なんだとゴネてみるのも1つの方法です。


思い切り必死で抵抗したり言い訳しているうちに、「あれ?何かすごく馬鹿みたい…」疲れて冷静になり次第に諦める気持ちがわいてきます。


ただし、これをしても良いのは親くらいなので、そこだけ注意して下さいね(笑)



最後に


色々な方法がありますが、共通しているのは「無理はしない」と言うことです。

自分の気持ちを素直に受け止め、心身共にゆっくりと休めることにつきると思います。

仕事に行かなければならない現状は変わりませんが、心と体に余裕を持つことで少しでも前向きにとらえることが出来ると思いますよ♪

(ライター ぱんちゃん)


★他にもこんな方法もあります♪

→休み明けの憂鬱な気分がちょっと晴れる3つの方法


スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ