旦那の実家,同居

女子ハウ

旦那の実家と同居する時に必要な3つの覚悟

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

色々と問題も多い、旦那の実家との同居問題。それが原因で旦那と不仲になってしまったケースもありますよね。


しかし、事情があって同居に踏み切らなければいけない方もいらっしゃるはず。できる限り、お互いに気持ちよく過ごしたいものですよね。

その為にも、最初にしっかりと覚悟をして、寛容な心を心がけるようにしましょう!



スポンサードリンク



1.生活習慣の覚悟


他人同士が暮らす時、トラブルになりやすいのが「水回り」です。

特にキッチンは、一家の嫁が毎日顔を合わせて食事を作る場所ですよね。それぞれに掃除の仕方や料理の作り方も違うでしょうし、受け入れる気持ちが大切なのですが、どうしてもこだわりがある方もいますよね。


そんな時は、お互いの為にキッチンを別にするのもアリだと思います。また食事の時間帯をずらすという方法も。

何か小言を言われるのが苦痛だという方は、料理は自分に任せてもらうようにしたり、曜日で当番を分けるのも良いかもしれませんね。


お風呂トイレも同様に、生活感がとても出やすいので要注意。


綺麗にする事を心がけたり、同じく別にしてもらうのも良いと思います。予め泊まりに行った時などに、色々と探ってみて、ご両親の生活スタイルを見ておくのも大切かもしれませんね。



2.介護問題の覚悟

418_R

同居をする上で、いつか目の当たりにするのが「介護の問題」

特に旦那が長男の場合は、覚悟が必要でしょう。


そして、同居をすれば自然と直面する事になります。その時、自分がうろたえないように、最初からしっかり話し合っておく事が大切です。


いつかは誰しも、人の力を借りて生活しなければいけません。

そして、それには「お金」「時間」がかかります。家で介護をするのであれば、仕事を辞めなくてはいけないかもしれませんし、精神的にも負担は大きいでしょう。


その為、曖昧に返事をしてはいけません。無理なのであればしっかり意思を伝える事、そして違う案を提案する事です。



スポンサードリンク



3.子育てを指摘される覚悟


世代が違えば子育ての価値観も違います。

本来当たり前のことなのですが、一緒に暮らせばリアルに感じるようになるかもしれません。そして、自分のやり方を否定されても、いちいち気にしない覚悟が必要です。


100人の母親がいれば、子育ても100通りです。


もしあなたが嫁に来ていなかったとしても、小言を言う人は誰にでも言いたくなるものです。ですから、「自分の子育ては間違っているのかな」なんて落ち込まない事


「うるさい近所のおばさんおじさん」ぐらいに軽く思っていないと、精神的に病んでしまうので注意です。


また、指摘されて落ち込むような事があっても、子供にとって良いお母さんでいられればそれが1番です。

そして、自分が働いている時に面倒を見てもらえるというメリットもありますから、悪い面ばかり見ないように心がけたいですね☆



最後に


いかがでしたか?

「みんなで楽しくワイワイ」など、楽しい家族風景ばかり夢見ていては、あらゆるギャップにめげてしまうかもしれません。

あくまでも、他人同士が一つ屋根の下に暮らすには、どのような心遣いが必要かを見ておいた方が無難です。


ただ、自分たちが苦労するのと同じように、相手も同じように不安を抱えているはずです。お互いが気持ちよく暮らせる為にも、譲り合う所を見つける事が大切ではないでしょうか。

良ければ参考にしてみて下さいね

(ライター hana)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

hana
hana
月に10冊は本を読むほど読書好き。

本を片手に、まったり過ごす時間が何より幸せです。

日常で感じた事や、今まで得た知識を書いていきたいと思います。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ