恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

冬の朝起きられない…を解消する3つの方法

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

朝と言うものはなかなか起きられないですよね・・・

ただでさえ起きられないのに、冬にもなれば目が覚めてもベッドから出るのはさらに難しいものですよね・・・

でも、今日は仕事!今日はデート!今日は買い物!なんて予定が入っている日は自分に喝を入れてでも起きなくちゃいけませんよね!

でもやっぱり起きられない><

冬の朝でもすっきりと起きられる方法をご紹介します!



スポンサードリンク


寝る前の入浴で翌朝スッキリの目覚め!


冬は寒くて当然なんです!

寒い冬だからこそ、女性は体内からしっかりと温める必要があります。


人は寝ているときに体温が下がります。

そして、起きるとともにどんどん体温が上がって行くものですが、冬は寒いのでなかなか体温も上がらないので、身体もしっかりと目覚めることが出来ないんです。


ちなみにあなたは夜の入浴は、シャワーですか?それともしっかりとお湯に浸かりますか?


冬と言えば、やっぱりゆっくりとお湯に浸かる人が多いですよね!

実はこれがいいんです。夜が長い冬の入浴タイムは入浴剤にこだわって、身体の芯から温めませんか?

身体の芯から温めることで、ベッドに入っても体はポカポカしていますよね!これでぐっすり眠ることで、翌朝すっきり起きやすくなります。


ただし!

寝る前の2時間前までには入浴を済ませましょう!

そして、入浴後は体を冷やさない様にすることで、入浴後のポカポカは持続して寝ててもそこまで体温は下がることなく、翌朝の目覚めもすっきりとしているんです。

もちろん、身体の芯から温まるためには熱いお湯に入るよりは、少しぬるめのお湯に浸かってじっくりと体を温める必要があります。



昼間は太陽光をいっぱい浴びる!

636_R

人の体の中にあるセロトニンと言う成分があり、このセロトニンと言う成分が不足してしまう事で、ウツや不眠症などの症状を引き起こしてしまうんです。

セロトニンは、食事で摂取することもできますが、太陽光を浴びることで簡単に体内のセロトニンを増やすことが出来るんです。

休みの日に一日中寝てるのではなく、軽く外に出て散歩をしたりと太陽光に浴びることで簡単にセロトニンが増えてくれるんです。

このセロトニンが増えることで、快適な睡眠がとれて寝起きもすっきりと起きることが出来るんです。

冬は特に日が出ている時間が短いので、日が出ている時間を大切に活用することが重要ですね。



スポンサードリンク



目が覚めたら布団の中で伸びる!


そうはいっても、寝起きはまだまだ眠く感じますよねー。

私も毎朝そうです(笑)

しかし、目が覚めてからある行動一つすることですっきりと目覚めることが出来るんです!

それが伸びる」ことです。

寝起きって、全身を伸ばすように「グーッ」と腕を伸ばして背中も足も伸ばして一呼吸してから起きますよね?

知らず知らずにやっているこの行動、脳が体に「よし、起きたぞー」と言う合図を送っている証拠なんです。


意外と大事だったこの行動。もしやっていなかったら、起きる前に布団の前でしっかり伸びてみてください。



最後に


そして冬の朝は「寒いのが嫌」が起きられない理由だったりもしますので、暖房を起きる30分から1時間前くらいにタイマーセットしておいて、起きた時に室内を温かくしておくのもおすすめです。

寒いと布団からなかなか出られませんが、温かい室内であれば布団から出る気持ちになりますよ。

温かい布団の中の幸せを感じるのも冬の良さではありますが、いつまでもぬくぬくしていられないのも悲しい現実の1つ(笑)。

皆さんの「冬の朝」が少しでも快適に過ごせますよう、参考になれば幸いです。


(ライター Miki)




スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ