仕事,疲れ,とれない

女子ハウ

仕事の疲れがとれない…何もできないライフスタイルを改善する3つの方法

読了までの目安時間:約 5分

 

疲れた…しばらく動きたくない。

仕事から帰って来て、そんな風に思うこともありますよね。

何もできない、何もしていないことで、自己嫌悪に陥るのは負のスパイラル。

この生活を打破する方法をご紹介します。



スポンサードリンク



1. 疲れにくい体を作る

367_R
仕事の疲れは、精神的なもの、肉体的なもの、神経的なものがあります。

このうち肉体的な疲れは、肉体的な疲れは、体の中に疲労物質(乳酸)がたまってしまったり、筋肉を動かすエネルギーが不足していることが原因といわれています。だから、ちょっとした運動を毎日の生活に取り入れることで、改善することができるのです。


腕を上げ下げしたり、体をひねったりするなど、簡単なストレッチをこまめにしておけば、体が乳酸などの無駄な老廃物を溜め込まなくなりますよ


ちなみにこちらで紹介するストレッチは、肩こりなどの疲労解消に繋がるだけでなく、二の腕もスッキリして美容にもおすすめです!

→二の腕痩せエクササイズ決定版!これでスッキリ美しい腕に


また、普段から姿勢を正しくすることで、きちんと筋肉がつき、疲れにくくなります。



★公共財団法人 世田谷区保健センター

http://www.setagayaku-hokencenter.or.jp/rest_body/method018.html



2.何もしなくていいサイクルを作る

411_R
仕事後に疲れて何も出来ないなら、何もしなくていいサイクルを作りましょう。

メイクを落とす、夕飯を食べる…など、自分の中で疲れていてもこれだけは外せないというものや、必ずやらなくてはいけないことを決めたら、あと
は全部やらずに寝てしまう
のです。


休日に、ご飯を作り溜めして冷凍しておいたり、翌週に着る服のコーディネートを決めてメモしておいたりすれば、準備OKです。

余裕があれば、一緒に合わせる靴やバッグのことも書き添えておいて。

雨の日や肌寒くなる日もあるので、週間の天気予報を参考に、少し多めに考えておくと◎。


部屋が散らかると片付ける時間も必要になるので、物は使いやすい配置に置くこと。今後は決まった場所に物を必ず返せば、時間も短縮出来る上に部屋も散らかりません。

最初から不要なものを減らしておくと、もっと楽になりますよ。


もっと綺麗な部屋にならないかなー…とお悩みの方は、30ヶ国以上の国で出版されて世界全体で200万部の売上を記録し、米TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」でおさらいしましょう。

近藤麻理恵「人生がときめく片づけの魔法」サンマーク出版





3.朝型になる

298_R
夜にやらなくてはいけないことが減ったからといって、だらだらと夜中までスマホをいじるのはダメ

夜更かしで生活リズムがずれると、夕方から夜にかけて気持ちが沈む「非定型うつ」になることも!


また、夜更かしによってホルモンの分泌が妨げられ、肥満の原因になることがあるとも言われています。

夜更かしをやめて、いつもより早起きすれば朝も有意義に過ごせます。

残業が終わってから遅い時間に夕飯を食べている方は、思い切って夕飯の量を減らしてみるのもあり。

お腹が空いて目が覚めやすくなるので、朝ご飯を食べて元気いっぱいに!


元々朝食をしっかり取る派の方にもおすすめです。



最後に


ただでさえ疲れて帰ってきているのに、また家でも頑張らなくちゃいけないと思うと、更に疲れが倍増しそうですよね。

やり方を工夫して、満足感のある一日の終わりを迎えてみましょう。

(ライター lulu)


スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ