恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

透明肌を目指したい女子の化粧水の使い方・選び方3つのポイント

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

綺麗な肌って憧れちゃいますよね!

透明感のある肌はそれだけで、美人度がアップすると思いませんか。

そんな誰もが羨むような透明感のある肌に近づくためにもスキンケアが重要です。

透明肌になるための化粧水の使い方や選び方をご紹介したいと思います。



スポンサードリンク


透明感を引き出す化粧水はココを見る!


透明感のある肌を引き出すためにも、重要なのは角質を取り除きながらスキンケアを行うということです。

ドラッグストアなどに行くといろんな化粧水がありますよね!

いろんな質感のものもあればいろんなブランドのものもあります。

肌の透明感を引き出したいなら、化粧水は「美白」と書かれている化粧水を選ぶようにしましょう。

美白用の化粧水にはくすみや古い角質を取り除きながら透明感を引き出してくれる効果があります。

透明感を引き出す化粧水を使うのであれば、「美白」と書かれているものを選びましょう!



透明感を引き出すための化粧水の使い方


透明感引き出すためには、化粧水を使用する為にもそのスキンケアが必要になってきます。

透明感は肌のコンディションで化粧水の影響を大きく受けます


まず必要なのは、古い角質を取り除くことからです。

肌の古い角質を取り除いてから、美白化粧水を使う事でより透明感のある肌に近づいてきます。

美白化粧水の効果を高めるためには、ピーリングなどで古い角質を取り除いてあげましょう。

古い角質を取り除いてあげるだけでも、十分透明感は引き出せるんですよ。


そして、化粧水はコットンと手とどちらでつけていますか?

いろいろ調べてみましたが、コットンを長期にわたってつけているとコットンで肌がこすれて、ニキビ・肌荒れ、そしてシミや色素沈着の原因になり、肌を傷つけて乾燥の原因になるそうです。

透明肌を目指すなら、化粧水は「手」でつけるようにしましょう!

また、手で付けるときにも「パッティング」するのでなく、「ハンドプレス」で優しく優しく、です。「パッティング」も肌を痛め、赤ら顔の原因になるので要注意ですよ!(そういえば、ここ数年行ってみたフェイシャルエステは、みんな化粧水をつけるときは手で顔を包み込むようにつける「ハンドプレス」になってます)



スポンサードリンク


美白化粧水の選び方で注意したいこと


透明感を目指すために、いざ美白化粧水を買おうと思ってもいろんな種類があるので迷ってしまいますよね。

最後に注意しておきたいのは、美白化粧水によく含まれる成分についてです。

たとえばよく見かける、フルーツ酸(AHA)はピーリング効果によってシミの原因となるメラニン色素の排出を促進します。ピーリング効果があるので、ふき取り化粧水によく使われていますね。

そしてビタミンC誘導体は、メラニンが生成されるプロセスを阻害し、できてしまったメラニン色素を薄くする働きがあります。美白に嬉しい働きをしてくれますが、刺激が強く肌を乾燥させる作用もあるので、セラミドなどの保湿成分が入っているかはしっかりチェックが必要です。

アルブチンもよく見かけますよね。これはメラニンの生成プロセスを阻害してくれるもの。肌に吸収されるとメラニン色素を除去する働きをしてくれます。

他にも美白成分はありますが、透明肌をつくるには、実は肌バリアの再生と保湿が基本中の基本でとっても大事なんです。どれを選ぶにしても、保湿成分がしっかり入ったものを選びましょう。

(ライター Miki)



スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ