恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

透明感メイク・チークの入れ方はここがポイント!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

助詞の憧れの透明感のある肌!その透明感をつくるベースメイクを引き立てるには、チークの入れ方がポイントになります!

そこで今日は、透明感を引き出すためのチークの入れ方やおすすめの色などをご紹介!

あなたに合ったチークで透明感のあるメイクをしてみましょう!

もちろん、普段のスキンケアや食生活でも透明感のある肌作りを心掛けましょうね!



スポンサードリンク


透明感のあるチークのポイントは?


透明感のある肌を作るメイクでもあるチーク。

チークを選ぶ際のポイントとしては、自分の肌の色をしっかりと知ることから始めましょう。

私たち日本人の肌はイエローベースとブルーベースと言った肌色に分かれています

イエローベースの肌色の特徴は黄色味で温かみのある印象の肌色です。

ブルーベースの肌色はその名の通り、少し青味のある色白いと言われるタイプの肌色がブルーベースと言う事になります。

イエローベースの肌色と、ブルーベースの肌色によって透明感を引き出すチークの色合いが変わってきてしまいますので、自分の肌色がイエローベースなのか、ブルーベースなのかを調べてからチークを選びましょう



肌色別、透明感を引き出すチークメイクは?


イエローベースの方におすすめの透明感を引き出すためのチークカラーは、ピーチやコーラル、サーモンなどのピンクに少しオレンジやイエローが入ったピンクがおススメです。

これらのカラーのチークを塗ることで、イエローベールの肌色さんは透明感のある肌を作り出すことが出来ます。

つぎに、ブルーベースの肌色の人におすすめなのがローズやチェリーと言った赤味のあるピンクが透明感を出しやすくなるんです。

イエローベースの人が赤味の強いチークを使ってしまうと、リンゴのほっぺの様になってしまい違和感しか出なくなります。

ブルーベースの肌色の人がイエローベースの肌色の人におすすめのチークを使っても同じく違和感しか出てきません・・・

普段のメイクでチークに納得がいかない人は、自分の肌色を見極めてみるようにしてみましょう!




スポンサードリンク


どんなチークがおすすめ?


イエローベースの人におすすめのチークはパウダータイプのチークがおススメです。

オレンジ系の柔らかいカラーのチークですので、チークブラシでふんわりと塗ってあげるだけでしっかりと透明感のある肌にすることが出来ます。

リキッドタイプやクリームタイプのチークではなく、イエローベースの肌色の人にはパウダータイプのチークがおススメです。

ブルーベースの肌色の人におすすめなのはクリームタイプのチークです。

クリームファンデーションやリキッドファンデーションの後にクリームタイプのチークを塗ってしっかりと肌に馴染ませてからおしろいやプレストパウダーで肌を整えてあげることで、血色がよく肌の内側から透明感を引き出すことが出来ます。

パウダーよりも伸びが良いので、初心者の方でも失敗は少ないと思いますよ。

(ライター Miki)


★こちらもおすすめ!

→チークの色と選び方|初心者でもハズさない3つの鉄板ポイント


→【クリームチークの塗り方】初心者でも失敗なしでカワイクなるコツ



スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ