脱毛,Vライン,初めて

女子ハウ

脱毛でVラインを初めてケアする時に気を付けたい3つのポイント

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

もうすぐ夏が終わりを告げて、秋冬の到来です。

たくさん着込んで脱毛いらずの時期ですね!!

夏場は薄着や水着になる機会が多いので、脱毛には入念なお手入れが必要でした。

特に脇やVライン!

秋冬は特別な時だけケアするだけでOK!・・・本当にそうでしょうか?

秋冬こそ、入念にVラインの脱毛を行っておけば、次の夏には綺麗なムダ毛の無い肌が手に入りいつでも海で遊べるようになるんです!



スポンサードリンク



改めて考えるVラインのお手入れ・・・ここに気を付けて!


595_R

Vラインと言えば、水着になると必ず見えてしまう部分です。

まじまじと見る人はいませんが、ちらっと見た時に毛がはみ出てたり、剃り残しや黒ずんでいたら・・・

ガッカリですよね┐(‘~`;)┌


皆さんは普段、Vラインのお手入れはどのように行っていますか?

ほとんどの方が、カミソリや電気シェーバーでのお手入れだと思います。


しかし、カミソリや電気シェーバーでムダ毛処理を行うと、翌日や翌々日にはチクチクとした短い毛が出てきませんか?


ちゃんと生えてこない毛は、埋没毛になって肌が赤らんでしまったり
と、自分で行うのは手軽ですが、このようにトラブルも付き物です。



だからこそ、脱毛のオフシーズンとも言える秋冬に脱毛サロンへ行って、しっかりと脱毛を行い、翌年の夏には美しいVラインを手に入れるのが賢い脱毛なんです!


実は脱毛サロンといっても、一気に全身脱毛できるわけではないので、全身きれいになるなら数か月通う必要があります。来年の夏の準備は、もう今からが勝負なんです。


→通うなら安心の定額が基本。2ヶ月目も0円の脱毛サロン・エターナルラビ


Vラインの脱毛での失敗例と言えば!


412_R

自分でVライン脱毛を行い、カミソリや電気シェーバーでの失敗と言えば、やっぱりダントツで埋没毛による肌の赤みです。

埋没毛だけならまだしも、ニキビのように白い膿がたまってしまっているような赤み肌になってしまう事も・・・

酷い場合は赤黒い腫れものになってしまう事も(((゜д゜;)))


なぜ、そんなことが起きてしまうのか・・・

それは、カミソリや電気シェーバーを使用した時と後のケアの方法によるものです。


カミソリを使用するときに、剃毛専用のジェルなどを使用していますか?

ボディソープや石けんを泡立てただけで剃毛してしまっては、肌の角質をカミソリの刃が直接傷つけてしまいます。

面倒でも、剃毛用のジェルを使用して剃毛をすることで、カミソリの刃から肌を守ることが出来ます。

そして剃毛の後は、しっかりと消毒を行い、保湿をしておけば肌トラブルはある程度防ぐことが出来ます。


しかし、素人ではどうしてもトラブルは起きてしまいます。肌トラブルをしっかりと防ぎたい場合は、やっぱり、脱毛サロンです。

脱毛からケアまでしっかりと行ってくれるので、脱毛による肌トラブルはほとんどありません。


カウンセリングを行い、その人の肌質に合った脱毛方法を行ってくれるので安心です。


市販の脱毛クリームや、ワックスだと自分の肌質に合うのかとかそこまでよくわかりませんよね。

脱毛したら、肌が汚くなっちゃった~(゚Д゚;)ってことを防ぎたい人は、脱毛サロンに通うことも選択肢にいれて考えたほうがいいですよ。

→駅から5分で通いやすい脱毛サロンはコチラ!



スポンサードリンク



Vラインの間違った脱毛をし続けると・・・


お手軽にできるからこそ、毎回やってしまうカミソリや電気シェーバーでの脱毛。

先ほどもお話ししましたが、カミソリでの剃毛はカミソリの刃が直接肌に当たりますので、肌への負担が大きいです。


しかし、入浴した時に、気づいた時に・・・手軽に行えちゃうから・・・そんな、Vラインのケアを行っていると、肌の色に変化が起きてしまいます。


それが黒ずみです。


肌はカミソリの刃や下着などの摩擦によって負担がかかってしまい、その負担を少しでも軽減させるためにも、角質が他の部分よりも厚くなり、角質の厚みが増すことによって、黒ずみとなってしまうんです。


大好きな彼氏ができて、いよいよラブタイム♡となったときに、Vラインが黒ずんでる…って、そんな危機的状況に陥ってしまったら大変です。

脱毛による肌の黒ずみの心配とは無縁の愛され肌になりたかったら、脱毛サロンを検討してみましょうね!


(ライター Miki)


スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ