恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

崩れないメイクの仕方|初心者でもできる3つのポイント

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

夕方になり鏡を見てふと気づく・・・「なんじゃこの顔―(((゜д゜;)))」・・・

メイクが崩れて酷い有様になった、そんな経験1度や2度・・・いや、毎日している人も多いはず・・・

メイクが崩れないで一日過ごせたらどんなに楽か・・・

そこで!誰にでもできる崩れないメイクの仕方をご紹介します。

メイク初心者の方でも簡単にできるのでぜひ試してみてください!



スポンサードリンク


メイク崩れを防ぐためにも重要なポイントとは?!


メイク崩れを防ぐためにも一番重要なのはメイク前のスキンケアです。

洗顔後のスキンケアでその日一日のメイクが左右されます

まず、洗顔後は化粧水を付けますが、手のひらに化粧水を出して顔に塗るのではなく、まずは大きめのコットンにたっぷりと化粧水を含ませてから肌に化粧水を馴染ませてあげるんです。

コットンで肌に化粧水を付けるときは、肌の上をコットンで滑らせるようにつけるのではなく、ポンポンと指に挟んだコットンをパッティングしていくんです。

パッティングする時の注意点は強くではなく、優しくパッティングをしてあげることです。

少ない量の化粧水ではなく、コットンまでもが潤う様に化粧水を含ませてあげてください。

そして保湿の為の乳液ですが、夜はたっぷりと使ってもOKな乳液ですが、朝は乳液による油分のせいで夕方のメイク崩れを防ぐためにも、少なめの乳液の量でOK

乳液を塗ってから10分以上おいてからメイクをするようにしましょう!



化粧下地で油分のコントロール!

601_R
すっぴんで一日を過ごした時に、夕方になるとどこがテカっていてどこが乾燥しているのか・・・大体自分の肌ですからわかりますよね?

そこで、自分の肌のテカりやすい部分には皮脂をコントロールする効果のある化粧下地を使い、乾燥しがちな部分には保湿効果のある化粧下地を使うようにしましょう。


最近では、化粧下地が含まれているBBクリームなどもありますが、出来るだけ化粧下地は化粧下地で付けるようにした方がメイク崩れを防ぐことが出来るのでお勧めです!

化粧下地を塗るときは、ベタベタと大量につけるのではなく、少量でOK!

2種類の化粧下地を合わせてもパールの粒よりも少し多くなるくらいの量で良いんです。

少量を薄く伸ばしていくんです。



スポンサードリンク


ファンデーションの前に!


化粧下地を塗った後はファンデーションです!

しかしちょっと待って!

ファンデーションを塗る前に、化粧下地の上にあるものを塗ることでメイク崩れをさらに防止することが出来ちゃうんです!

それはルースパウダー(おしろい)です!

ルースパウダーには油分を吸着してテカりを抑えてくれる効果があるんですが、その効果を利用してファンデーションの前にもルースパウダーを付けて、ファンデーションの後にもルースパウダーを付ける事でメイク崩れが無い最高の肌になるんです。

ひと手間かけてあげる事で、メイク崩れをしっかりと抑える事が出来るのでお勧めですよ!


(ライター Miki)



スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ