恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

寝る前のストレッチで快眠する!簡単でおすすめな3つのストレッチ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

一日で溜まった疲れを寝る前のストレッチで取り除き、ゆっくりと質の良い睡眠を取って、翌日からも楽しく元気いっぱいの毎日を過ごしませんか?

快眠することでその日の疲れは取れて翌朝にはリセットされています!

健康で楽しい毎日を過ごすためにも必要ないい睡眠のためにも、寝る前のストレッチがとっても効果的なんです!

そこで簡単だけど疲れが取れる、快眠につながる寝る前のストレッチ方法をご紹介します!



スポンサードリンク


一日中仕事で疲れた身体の凝りをほぐす!


家事やデスクワークなど同じ姿勢で仕事をしていると、どうしても同じ場所が痛くなってしまったり、筋肉が凝り固まってしまう事も・・・

そんな時はゆっくりとお風呂に入って身体を芯から温めてから、じっくりとベッドの上でストレッチしてあげましょう!

まず、ベッドの上に仰向けになって寝ます。

両手と両足を天井に向けて伸ばします。

ピンっと伸ばすのではなく、力を抜いて伸ばします。

その状態で20~30秒ほど腕と足をブルブルと揺らします。

いわゆるゴキブリ体操ですね。こちらの動画でも確認してみましょう。




このように20~30秒ほど行ってから、両手両足をダランとベッドの上に下します。

ゆっくりと深呼吸をしてからまた再び両手両足を天井に向かって伸ばしてブルブルと同じく動かします。

そして終わったらまたベッドの上にダランとして終わりです。


手先と足先に溜まった血液を心臓に戻して、しっかりと血液の循環を全身に行うことが目的の運動ですが、足を上に向ける事でむくみの解消にもつながるのでお勧めです!



赤ちゃんポーズで背中もすっきり!


ベッドの上に仰向けになって寝ころび、上半身は床に付けたまま膝を抱えます

膝を胸にくっ付けるイメージです。

その状態でゆっくりと深呼吸をして再び息を吸うときに、両手と両足を一気に朝の伸びの様に伸ばします

動画でも確認してみましょう。



この運動は凝り固まった背中の筋肉を刺激して凝りをほぐしてくれる効果があるんです!

背中が凝ったままですと首筋への血行が悪くなってしまい、首凝りや肩こりの原因となります。



スポンサードリンク



歩き疲れた時はこのストレッチ!


仕事や家事、買い物で歩き回ったその夜は、ストレッチで疲れを取り除きましょう!

ベッドの上に仰向けで寝ます。

両手を横に伸ばし、膝を立てます。

立てた膝をゆっくりと左右に交互に倒します。

伸ばした両腕で身体がぐらつくのを防ぎ、そして両肩が床から離れないようにしましょう!

左右に倒すのを1セットとして、10回ほど行いましょう!

疲れが酷い時は20回ほどでもいいでしょう!

このストレッチで、腰回りの筋肉の凝りをほぐして股関節を柔軟にし、太ももの張りなども取り除いてくれるんです。

その日一日の疲れをお風呂とストレッチで取り除き、質の良い睡眠を摂りましょう!

(ライター Miki)



スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ