恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

メイクのハイライトの入れ方|簡単なコツとその効果まとめました

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

ちょっと前に流行った「クラウンメイク」をご存知ですか?

セレブのキム・カーダシアンから始まったこのクラウンメイクはシェーディングクリームやハイライトクリーム、クリームチークなどを必要な部分に付けていき、まるでピエロのマイクのような状態に・・・

その後、パフやスポンジでしっかりと馴染ませていき陰影をつけて彫を深く見せ、ハイライトで女性らしい柔らかな印象に・・・

そんなクラウンメイクでも使用されるハイライトの簡単な入れ方をご紹介します!



スポンサードリンク


ハイライトとは?


フェイスメイクでシメに使われるハイライト。

このハイライトが、女性らしい顔の凹凸を作るためにも重要なメイクアイテムなんです!


ハイライトを鼻筋に入れるだけで穴筋が通ったように見え、頬骨の上に入れる事で透明感を引き出し、額の真ん中とあご先にのせる事で女性らしい柔らかな印象にすることが出来るんです!

ハイライトの色はパールホワイトが主で、淡いピンクのものや淡いラベンダーカラーのものなどもあります。


どれもパッと見はパールホワイトなんですが、そのパールホワイトが肌に自然な明るさを引き出してくれるんです。

使うのと使わないのとでは肌の透明感はもちろん、仇の明るさも違って見えますよ!



顔のメリハリはハイライトで決まり!

makeup1
ハイライトとシェーディングをしっかりと使い分ける事で、まるで整形したかのようなメリハリのある外国人風なメイクなっちゃいます。

ハイライトにはパウダータイプのもの、クリームタイプのもの、スティックタイプのものなどがありますが、初心者にはパウダータイプがおすすめ。

ドラッグストアなどの化粧品売り場で見かけるものはほとんどがパウダータイプのハイライトなので、まずはそのパウダータイプのハイライトを入手してトライしてみましょう。


このハイライトはいろんな部分に使う事が出来るので、1個は持っておきたいメイクアイテムですよ!


そしてハイライトを使用するときは、パウダータイプのものならば、フェイスブラシでOK!

クリームタイプやスティックタイプならば、ブラシよりもスポンジの方がしっかりと馴染ませることが出来るのでお勧めです。



スポンサードリンク



ハイライトはどこに入れるの?


ハイライトパウダーを買ったものの、使い方がわからなかったら意味がありません^^;


では、簡単な使い方をご紹介します。


ハイライトをのせるのは、鼻筋頬骨の上あごの先まゆ毛の下です。


この5カ所にハイライトを入れるだけです!

出来るなら付属の小さなブラシよりは<、font color="#ff0000">フェイスメイク用のフェイスブラシがおススメです。


アイシャドウをのせるようにハイライトをのせるのではなく、ファンデーションと同じ感覚でハイライトをのせるのでOK!

ササーッと入れるのではなく、ファンデーションと馴染ませるようにくるくると円を描きながらのせる事で一か所に集中的につくことが無いんです。

是非ハイライトを使って女性らしい印象のメイクを仕上げましょう!

(ライター Miki)


★ハイライトとシェーディングで小顔が完成します♪シェーディングの入れ方はこちら!
→シェーディングの入れ方|初心者でも簡単!1分で小顔になる方法2016


スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ