恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

チークの色と選び方|初心者でもハズさない3つの鉄板ポイント

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

メイクの仕上げの段階に使う『チーク』。メイクのジャンルによって、入れる位置も使う色ものせかたも様々。

それほど、チーク一つで表情が変わってきます。

でも、チークの色もピンクから始まってオレンジやコーラルなどいろいろあって迷ってしまいますよね。

そこで今回は、基本のチークの入れ方と色の選び方、初心者でもハズさないため3つの鉄板ポイントをまとめました。



スポンサードリンク



鉄板その1!色選びが重要


一言とチークと言っても売り場に行けば、タイプも色も目がくらむほど多いもの…!

今回は、生まれながらに持っている地肌の色によっての、選び方のポイントをまとめました。



色白の方…お勧めはピンク!

ma

ピンクといっても、ショッキングピンクは10代のカジュアルメークになる可能性があるので、ご注意ください!

イメージで言うと桃色がお勧めです。

透き通るような白肌には薄いピンクがお似合いですよ。もっと踏み込むとブルーベースの薄ピンクがお勧めです。^^



色黒の方…お勧めはベージュ!

ピンクや赤をのせてしまうと、逆に白浮きしてしまうのが色黒さん。

血色を良くしたいのに、それも叶わずチグハグな印象になってしまうことも。

最大のメリットは、肌色が濃いめの方にしか出せないクールビューティが実現できるんです!ベージュの他にブラウンベースもお勧めです^^



黄色味の方…お勧めはオレンジ又はコーラルピンク!

黄色と同じ分野のオレンジ色は自然と馴染みます。

また、肌色に寄せた色味のコーラルピンクもお勧めです!元々生まれた時、一番このタイプが多いのが日本人。

黄色にピンクやベージュをのせてしまうと、逆に血色が悪くなり、くすみも目立つ可能性もあるので控えた方が良いこともありますよ。



鉄板その2!入れる場所が重要


入れ方には何通りかあるのですが、基本の「き」の字では、まず!

笑顔を作った時にモリっと盛り上がる頬肉を確認してください。

そこを中心として入れていきます。目尻より鼻腔まで流すように斜めに入れるのは、ミスが少ないのでお勧めです。


あくまでも血色を良くするのを目的に置いた方が、アラサーの良さが光るもの。

色は濃く入れるのではなく、薄く伸ばして肌に馴染ませることをお勧めします^^



スポンサードリンク



鉄板その3!TPOに合わせた入れ方が重要


仕事とデート・遊びに分けてチークで遊ぶのもメイクの楽しさの一つ♪

例えば、仕事では上記の斜め入れがベター。

デートではうるるん効果も出したいので、目の下1~2cm下くらいの位置に、目と並行に流すように入れるのもお勧め。

例えばアウトドアな遊びでは、ポップな印象を出すために頬肉に丸く円を描くようにポンポンと入れるのもお勧めですよ。

遊びの時は、いつもと違う色をあえて使って冒険するもの気分が変わって良いですよ♪




最後に


チークの使い方や選び方によって、生き生きと健康的に見せたり、お顔の印象を大きく変えることも可能です。

まずは1000円以下のプチプラコスメや100円ショップのコスメを使って、自分の肌にしっくりくるのは何色か…自分の好みはどんなタイプかを知るのもお勧めです☆

数百円ものもたくさん売られているので、もし失敗しても後悔がなく次の色味にトライしやすいですよ♪


(ライター 空野だりあ)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

空野だりあ
空野だりあ
妄想が趣味であり、特技であり、たまに弱点となっている「空野だりあ」です。

無邪気、小悪魔、純粋、情熱などを心の端に住まわせています。ギャップならお任せください♪

昼寝が大好き。子どものような大人です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ