恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

カサカサ肌のかゆみの原因と対策!今年はこれでかゆみにサヨナラ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

毎年毎年、乾燥によるカサカサ肌とかゆみに悩まされている人・・・多いのではないでしょうか?

秋や冬などの寒い季節になると定番のようにやってくる乾燥・・・

この乾燥が起きてしまう原因は?

この乾燥を食い止める対策は一体ないのか?

そこで、今回はそんなカサカサ肌とかゆみにさよならする方法をご紹介します!

今年こそ、カサカサ肌に悩まされない、乾燥知らずの秋冬を迎えましょう!



スポンサードリンク



乾燥肌になってしまう原因は一体何?!


乾燥肌になってしまう原因は皮脂の分泌量が低下してしまい、肌の内部にある水分量が減ってしまう事によって、肌の表面が乾燥してしまう事が原因の一つでもありますが、まだまだ乾燥肌になってしまう原因は他にもあるんです。

それは、汗などによって毛穴が皮脂と汚れでふさがれてしまい、肌の表面を皮脂で潤わせることが出来なくなってしまったり、ボディソープやせっけんなどのすすぎ残しなどによって不潔にしておくことで、これが乾燥肌の原因となっている可能性もあります。

乾燥することによって、肌の表面はとても傷がつきやすい状態になっており、そのままにしておくことでさらに乾燥肌を悪化させる原因にもなってしまうんです。

そして、乾燥してめくれあがってしまった角質が衣類や布に触れる刺激によって痒みとなってしまい、痒いからかいてしまう事によって皮膚トラブルへとなってしまうんです。

まさに悪循環ですね…。



乾燥肌は入浴に左右される?!

温泉2 (450x338)
寒い時期は得にたっぷりと張られた湯船が恋しくなりますよね!

お湯に浸かることで、肌に水分が浸透して保湿されていると考えてしまいがちですが・・・

残念ながら、湯船に入ることで肌に負担がかかってしまっているんです・・・

特に気を付けて頂きたいのがお湯の温度です。

熱いお湯の場合は皮脂を必要以上に溶かして皮膚の間から奪ってしまうんです。

また、しっかりと湯船に浸かった後、身体を洗う時にもナイロンなどのタオルで身体を洗う事によって、ここでも肌に負担をかけてしまっているんです。

乾燥肌を防ぐ入浴方法は、温度は熱すぎない程度の温度にして、身体を洗う時は肌への負担が少ないもので、石鹸などは低刺激のものを選ぶ。

そして、入浴後はしっかりと保湿クリームを塗って乾燥を防ぐと言う事です!


スポンサードリンク


保湿方法を改めてみる?!


肌の乾燥を防ぐためにも最も簡単で使われる方法は、保湿クリームの使用ですよね?

この、保湿クリームの使用方法をちょっと変えてみる事で保湿効果がグンッと高まるんです。

普段保湿クリームを使う時は、乾燥が気になったときに使用する人が多いんじゃないでしょうか?

それでは乾燥肌を食い止めることはできません。

乾燥肌をしっかりと対処するためにも必要なのは、入浴後の毛穴が開いているときにタオルで肌の上の水分を軽くふき取ってからたっぷりと塗ることです。

そのためには、水分が取り除ききれてないくらいの時に保湿クリームを塗ることがポイントです!

肌に水気が残っていることで少しでも肌の乾燥を防ぐ事が出来るんです!

また、日中でも乾燥肌による痒みが出てきた時は絶対に掻かないこと!

痒みが出てきた時には応急処置として保湿クリームやハンドクリームなどで痒い部分に塗り込んであげるようにしましょう!

乾燥肌を防ぐためにも早めの保湿と低刺激が重要な対処方法となってきます!


(ライター Miki)


★乾燥肌にはアーモンドオイルでの保湿ケアもおススメですよ♪

→アーモンドオイルがマッサージにおすすめな3つの理由



スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ