恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

【クリームチークの塗り方】初心者でも失敗なしでカワイクなるコツ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

メイクよって印象がガラリと変わりますよね!

さて、今回はチークにスポットを当ててみたいと思います。

チークと言ってもいろんな種類のチークがありますよね!

ジェルタイプのものやクリームタイプ、パウダータイプやティントタイプなどなど・・・

その中でもクリームチークの塗り方を研究してみましょう!



スポンサードリンク


クリームチークの良い所と悪い所は?


普段、チークを入れるとしたらほとんどの方はパウダーを選びますよね!

パウダーチークは、ブラシさえあれば色の強弱が付けられるので誰でも簡単に使用することができる反面、パウダーですので色が落ちやすい点もあります。

しかし、その点クリームチークとなると、クリームタイプですので発色はいつまでも続きます

が・・・クリームチークのデメリットは色の強弱がつけにくいと言うことです。

たった少量のつもりでもリンゴのほっぺの様に真っ赤になってしまう事もあるんです。

ではいったいどうしたらいいのか?

初心者でも簡単に使えるようになる、クリームチークの良い所をご紹介します。



クリームチークは先に!

726_R

普段チークは大体フェイスメイクの中でも最後の方になってしまいがちですよね?

もちろん、パウダータイプですから最後の方にしなければ発色はわかりにくく・・・または落ちてしまいがちです。

クリームチークの場合も、フェイスメイクの最後の方に入れるのか?いえいえ違います。

クリームチークはフェイスメイクの先の方や途中で入れると失敗しにくいんです。

スキンケアと下地を乗せてからリキッドファンデーションやBBクリームなどを乗せると思います。

この時、ファンデーションを顔全体に手で伸ばして塗ると時短出来るんですが、そのあとが重要です。

手で顔全体に伸ばした後は、リキッドファンデーションやBBクリームをはだにしっかりと馴染ませるためにパフやスポンジで余分ファンデーションを取り除きながらも伸ばしていきますよね?

その工程の前に、クリームファンデーションを指の腹にポンポンと優しくつけてから、チーク部分にポンポン乗せて行きます。

指にべったりつけるのではなく、指の腹にクリームチークを薄くつけてから・・・です。

そのあとに、ファンデーションを馴染ませつつクリームチークも一緒に馴染ませてあげるんです。

色が薄い場合は少しずつ足すようにしてあげることで、もし濃くついてしまった場合でも、リキッドと馴染ませながら伸ばしてあげる事でぼかすことが出来るんです。

最後に乗せるプレストパウダーなどで自然な発色になってくれるんです。



スポンサードリンク



クリームチークで可愛さUP!


クリームチークの良い所はリキッドなどのファンデーションとの相性が良く、しっかりと馴染んで自然に発色してくれることです。

可愛らしくチークを入れるのであれば、ニコッと笑った時に、頬の肉が一番盛り上がる部分に丸か楕円になるように入れてあげるんです。

頬の高い位置に入れる事で可愛らしさが倍増します!

大きく入れるよりも小さく入れて伸ばしてあげるほうが失敗する確率はグンッと減ります

パウダーチークよりも自然な発色をしてくれるクリームチーク。

ェイスメイクの最後に入れるのではなく、最初の方に入れる事で失敗は無くまあるく入れてあげる事で可愛らしさを強調することが出来るんです!


(ライター Miki)



スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ