恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

職場恋愛の失恋を活かしてもっといい女になる3つの方法

読了までの目安時間:約 6分

 

辛い失恋、しかも職場恋愛の失恋はただ辛いだけではないということをご存知でしょうか?

自分の捉えよう、考えようによってはこの職場恋愛の失恋を活かすことができます。

涙を流すだけでは勿体ない!

職場恋愛の失恋を活かして、今よりずっと良い女になりましょう!



スポンサードリンク



失恋で得られるものについて本気で考えてみましょう


412_R

失恋はただ別れた彼を想い、傷が癒えるまで泣き伏せるものにするのは簡単です。

とにかく泣けばよいですもの・・・。


ですが失恋することで得られるものについて本気で考えてみてはいかがでしょうか。

失恋で得られるものは実は多く、こんなことを得られる可能性があるのです。


今まで知らなかった自分の一面を知ることができる


失恋をすると悲しみや切なさ、辛さを実感しますよね。

これは昨日までの自分が知らなかった事で、決して知らない方が良かった痛みではありません。


心が愛されて、心の痛みを知っているからこそ人に優しくなれると筆者は思います。


失恋は確かに辛いですが、その分あなたは誰かに今までよりももっと優しくなれるのです。



スポンサードリンク



今後の自分に必要なものを考えることができる



あなたが立ち直るにあたって必要なものはなんでしょうか?

もしくは今の気持ちをやり過ごす為に必要なものは、なんでしょうか?


大量の涙をふくボックスのティッシュ?

泣きはらして、すっかり腫れてしまった目を隠すための目隠し用の伊達メガネやサングラス?


いえいえ、あなたが立ち直るために必要なものは「前向きな心」です。

悲しんでいる自分を素直に認め、いつかの次の出会いを少しでも期待できる。そんな前向きな心が必要です。


お友達と食事に行って話ができる気持でも構いません。


その前向きな気持ちは、いつかまた辛い事があったとしても心の支えとなります。

そしてその前向きになれる心はあなたの力の源となる事でしょう


悲しみは時間が解決してくれることもあります。ですがただ解決するのを待つだけではなく、少し前向きに色々なことを考えてみましょう。



失恋の悲しみをバネに女を磨く


455_R

失恋という負のエネルギーは、時に女の原動力となります。

私を振った男を見返したい!


そういう想いが気持ちを強くし、美容やファッションに力を注いでどんどん綺麗になっていきます。


勢いでお茶やお華、お料理やヨガなどのお稽古などにも励む人もいることでしょう。


全ての経験はあなたを向上させて、綺麗にさせてくれるはずです。


そして職場恋愛をしたあなたは、特に彼の視界に入り込む機会が多いでしょう。なのでより一層「見返したい!」と思う気持ちは強いと思われます。


筆者も、もし職場恋愛をして振られたら映画の「キューティーブロンド」並みに頑張ってしまうと思います。




ちなみに、「キューティブロンド」(2001)はリース・ウィザースプーンが主演し全米NO1ヒットとなった映画。

高校時代、オシャレにしか興味のない主人公は「ブロンド女性は上院議員を目指す俺にふさわしくない」という理由でフラれます。

その彼を見返すために、猛勉強してその彼と同じハーバード大のロースクールに入学

周囲にバカにされ続けながらも、自分のスタイルを崩さずオシャレの手は抜かずに努力を続け、ついにはハーバードの卒業生総代として卒業

見かけだけでなく、中見も素晴らしい女性だとわかった元彼は主人公にプロポーズしますが、「30歳までに自分の法律事務所を持ちたいから」と却下する、非常に明るくて痛快なストーリーです。


実際に彼を見返すかどうかはさておき、自分の心と戦って綺麗になったあなたがする「次の恋愛」は、間違いなく良い男性との素晴らしい恋愛になる事間違いなしです♪



仕事に打ち込む


356_R

これは二つ目の方法と近いものがありますね。

失恋で得た負のエネルギーを仕事に打ち込むのです。

私を振ったあいつより出世してやる!と言わんばかりに打ち込んでみると良いでしょう。


そうそう無我夢中になれる機会なんてありませんので、良い機会と開き直って頑張ってみてください。

こちらも二つ目にご紹介した「女を磨く」方法と同様に、何も損することはありません。


寝食を忘れてしまうのは困りますが、せめて間食を忘れるくらいに頑張ってみましょう!


職場恋愛での失恋なので、目の前に良いライバル(=元カレ)がいつもいます。

彼を追い抜いてハトが豆鉄砲くらったような顔をさせてやりましょう♪



まとめ


職場恋愛は、毎日元カレと出会ってしまう辛さがあります。

毎日顔を合わせて、なんでもなかったかのように・・・或いは露骨に目を逸らされたり避けられたりして、あなたの悲しみにトドメを刺されるかもしれません。


ですがそんな深い悲しみも物は取りようで、少し見方を変えるだけであなたにとってプラスになる事もあります。


別れたばかりの頃は、深い悲しみでそれどころではないかもしれませんが、もし辛い思いをしたときはこの記事を思い出してみてくださいね

(ライター よっこ)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

よっこ
よっこ
元営業として活躍、現在はライターとデザイナーをしています。
人間関係のふか~い話がとても好きで、中でも恋愛に関係する話は大好物!人生好きなように生きるがモットーです。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ