恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

別れ話の話し合いで絶対にやってはいけない3つのこと

読了までの目安時間:約 5分

 

別れ話って、する方もされる方も感情的になってしまいますよね。

恋人は気が知れた関係ですので、こうした重要な話し合いでは感情的になりやすいものです。

そんな別れ話の話し合いの時のタブーとは一体どんなことでしょうか。

冷静なうちに知っておきたいですよね。

今回は別れ話をしている最中に絶対やってはいけない3つのことをご紹介します。



スポンサードリンク


全て相手のせい、自分のせいにしないこと


別れ話をする時、「私が悪いの…」と別れの責任をすべて自分のせいにしたり、もしくは「あなたのせいでこんな事になったのよ!!」と相手のせいにするのは、よろしくありません。

自分は「別れ話をする原因」を自分のせいにしたり相手のせいにしたりしてスッキリするかもしれませんが、別れ話の場で全て自分のせい、相手のせいにしてしまうのは、相手が納得できない別れ話になってしまう可能性があります。


自分がそう言われた立場だったら、なんだかモヤモヤしてしまいますよね。

まして振られる側で相手に「全部自分のせいだから…」と言われたら納得できないのではないでしょうか。


別れるときはキチンと別れの原因や理由について、しっかりと話し合うべきです。

その方が別れに至った後も、相手はスッキリと次の恋愛に進みやすくなるものです。


別れ話は双方が完全に納得いく話で落ち着くことは少ないものですが、できる限り納得できる決着をつけたいですよね。



批判は禁物


dfcf4300f5375c6dee7a8aca3fc7a338_s
別れ話はお互いに、感情的になりやすいものです。

ついつい頭に血がカーッとのぼってしまいがちですが、相手を批判するのは控えましょう。

「今だから言うけど、本当は○○だと思っていたのよ!!」と今更な批判をしたり、彼に好きな子ができた場合に「あの子は誰とでもそういう関係になるじゃない!」「なによ!あんな子!」と彼以外の人を批判することも禁物です。

別れ話の場で、相手を傷つける発言をして一体何を生み出すのでしょうか。

自分の大きく膨らんだ気持ちをどうすることもできなくて、思わず「この際だからいうけれど」と批判を口にしてしまうかもしれませんが、それは気分の悪い別れ話にしてしまうだけです。

彼は別れた後、あなたを思い出すたびに「キツイ女だったなぁ」と思うかもしれません。

別れたくないと思っていたり、別れたとしても復縁をしたいと思うのでしたらなおのこと、批判はしない方が良いでしょう。


別れ話は、お互いの批判をする時間ではなく、お互いの関係に関する話なのです。

大人の女性なのですから、綺麗な別れ話ができなくても相手や相手に関する事や人の批判をするのはやめておきましょう。


スポンサードリンク



暴露話をしないこと


別れ話をするにあたって、暴露話もやめておきましょう。

「実は私、あなたに嘘をついていたの…」などの暴露話は、暴露の内容が別れの原因でもない限り意味のない告白です。


別れ話をしている最中の暴露話はあなたと彼にとって何のメリットがあるのでしょうか?

そんな時の暴露話は、二人の関係の後味を悪くするだけです。


逆に、「もう二度と顔も見たくない」、「今すぐ彼を不幸に陥れたい」と思った時は暴露話は有効かもしれませんね。

別れ話から脱線して喧嘩をすることになるかもしれませんが、彼が最高に嫌いでどうでも良い存在だと思うのであれば暴露話も結構でしょう。


ですが、基本的に暴露話は、二人の関係をより良いものにするためだけにすることがおすすめです。

別れ話での暴露は何も生み出しませんので控えましょう。




まとめ


別れ話は”彼氏”とする、感情的になりやすい話し合いです。

泣いてしまうかもしれませんし、理由によっては激怒するようなこともあるかもしれません。

ですが今回ご紹介した3つのことはできる限りしない方向で話を進めましょう。

別れた後も、美しい存在でいられるかどうかはあなた次第。

綺麗な別れ方は恋愛の達人でも難しいものですが、できる限り双方が納得できる結論が出せるような話し合いをすることをおすすめします。

(ライター よっこ)



スポンサードリンク

この記事を書いた人

よっこ
よっこ
元営業として活躍、現在はライターとデザイナーをしています。
人間関係のふか~い話がとても好きで、中でも恋愛に関係する話は大好物!人生好きなように生きるがモットーです。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ライター様募集
昨日よく読まれた記事Best15
最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
ツールバーへスキップ