プール,デート,いちゃいちゃ

女子ハウ

プールデートで自然にいちゃいちゃする方法

読了までの目安時間:約 6分

 

夏のデートといえば、プールもあり!

海よりも手軽だし、ロッカーやシャワールーム、トイレもきちんと完備されているところを選べば、海のベトベト感が苦手だったり、汚いのがダメな女性でも、頑張れます!

何より、彼が喜ぶデートになりますよね( *´艸`)

せっかくだから、プールデートでいちゃいちゃして2人のラブラブモードを一気にあげたい♡という女子のために、プールで自然にいちゃいちゃする方法を教えちゃいます!



スポンサードリンク



プールデートで2人の距離を接近させちゃおう!


夏こそ行きたい、プールデート!プールデートには、ダイエットで頑張って体を磨いていくだけの価値があります!(いや、ホント!(笑))

何といっても水着姿の女性は、いつもとは違う雰囲気。そこで彼が、ちょっとしたギャップや色気をあなたに感じてくれる可能性は大きいのです。


それに水着姿を言い訳?にちょっと大胆になるもよし、恥ずかしがってもよし。いずれにしても、いつもとは違うあなたを見せるいい機会になるのです。


さらに仲良しカップルなら、夏特有の雰囲気のなか、お外で堂々といちゃいちゃデートが楽しめるし、まだまだ付き合い始めのカップルなら、それはそれで、スキンシップの大チャンス!

プールデートをきっかけに、一気に2人の距離を縮めることができちゃいます。


友達以上、恋人未満みたいな微妙な立場の関係でも、夏だから大胆に、いつもと違う姿にドキッとして、新しい関係になれるかも。


ラブラブモード全開にできるプールデート。なぜならそれは、プールはこんなふうに自然にいちゃいちゃすることができるからなんです♡




スポンサードリンク



混雑したプールをあえて狙う!


プールデートでは、普通でも自然と密着度が高くなります。

初めて水着姿を見せる瞬間は、かなり緊張してしまうかもしれませんが、大丈夫!いや恥ずかしがっている姿も、彼にとっては胸キュンかもしれませんよ( *´艸`)


プールで自然にいちゃいちゃする方法ですが、そもそもプールでは、海よりも、みんながみんなベタベタくっついてます

だから、周りの雰囲気に押されて?なんとなく自然にいちゃいちゃしたくなっちゃうんです。


それでも「恥ずかしいかも…」という方は、あえて「混雑したプール」に行きましょう!

混雑しているプールではイヤが応でも、2人の距離は縮まります。縮まらないと、はぐれちゃいます。


いつもは嫌な人ごみが、彼と自然に密着する絶好のきっかけに♡混んでいるのを理由に、腕を組むだけだって、いつもと違い水着同士ならドキッとします

密着できたら、自然ないちゃいちゃはもうすぐそこです。



「流れるプール」はいちゃいちゃのチャンス

460_R

プールでまず行きたいのが、「流れるプール」

これは、自然に、絶対に密着できます

浮き輪があれば、女性が浮き輪に乗る感じになりますよね。そして浮き輪に乗れば、彼に浮き輪を押してもらわないといけないです。


すると、自然に、彼の顔があなたの近くに!

自然な流れで密着して、仲良くなれますよ~。



ウォータースライダーも一緒に!


海やプールだからといって、日焼けクリームや日焼け止めを塗りっこするのは、かなりの仲良しカップルならいいと思います。

が、微妙な関係の場合は、自分から言い出せば、なんか張り切っていて積極的すぎだし、男性から言われたら、ちょっと引いちゃいます。


そんなことをしなくても、プールなら色々な場面でイチャイャくっつけます。

流れるプールで密着に慣れたら、ウォータースライダーにチャレンジ!ウォータースライダーなんて一緒に乗ったら、恥ずかしいくらい密着しなくちゃいけないから、ドキドキです。


でもなんども遊んでいるうちに、くっつくのが当たり前になってきて、自然と彼との距離が縮まってしまいます!



最後に


いかがでしたでしょうか。

プールデートなら、こうして自然に彼とスキンシップを増やして、彼との距離を縮めることができます。

夏のプールデートは涼みに行くのではなくて、2人のラブラブモードを高めるためにあるのです♡


ちなみに!!プールデートの持ち物はこれを持っていけば完璧です!

→プールデートの持ち物♪コレを持っていけば女子力は完璧!


あざとくなく彼をソノ気にさせたい場合は、こんな方法もトライしてみてくださいね。

→プールデートで彼のスキンシップをそそる3つの方法


ぜひいちゃいちゃを高めて、熱ーい夏を過ごしてくださいね!


スポンサードリンク

この記事を書いた人

komanori
komanori
このサイトを運営しております!

美味しいものとワインが大好き。イタリアワインが好きでしたが、最近は国産ワインの美味しさにハマっています。

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ライター様募集
昨日よく読まれた記事Best15
最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
ツールバーへスキップ