一人暮らし貯金のコツ

女子ハウ

一人暮らしの貯金のコツ|手取り15万でお金が貯まる人貯まらない人

読了までの目安時間:約 7分

 

「手取り15万だから、貯金なんか出来ないよ…」というあなた。それは言い訳です。

手取り15万でも、確実に貯金は可能です。上手くいけば年間20~30万くらいは貯金できます。


貯まらない、と嘆いている人は大抵「残ったら貯金しよう」と考えている人です。


この考えでは貯金は不可能ですよ!

本気で貯金したいなら、「残ったら」ではなく「使う前に」貯金しましょう。
まう



スポンサードリンク



まずは毎月の出費を把握しよう


まず、やらなければいけないことは、毎月の出費がどれくらいか把握することです。


例えば、一人暮らしで家賃が月6万光熱費、携帯料金等が合計月2万だと仮定します。ここで固定費として引かれる金額は、

15万-(6万+2万)= 7万

となります。さらに食費です。食費2万として

7万-2万=5万


この5万のうち1万円を貯金に回せば、最低でも年間12万の貯金は可能です。「月に1万ぐらい」と思わずに、どんな小さな金額でも毎月貯めていくということが重要なのです!


ちなみに、確実に貯金するコツはお給料をもらったらすぐに、貯金用の口座に金額を写してしまうことです。

「使う前に、貯金」これが鉄則ですよ!



ボーナスも必ず貯金していこう!

258_R

更にはあなたが、ボーナスを貰える会社にお勤めだった場合。


年1回、たとえ1ヶ月分の支給だとしても、その半分の8万円を貯金に回せば、毎月1万の貯金と合わせて年間20万の貯金は可能です。


ボーナスをもう少し支給してくれるところにお勤めであれば、年間30万以上の貯蓄も可能でしょう。


また、家賃は抑えられないとしても食費や光熱費は自分の工夫次第で、抑えることもできます。先に貯金をしている分、節約して抑えたお金も自分のお小遣いとして自由に使って問題ないということになります。

節約した分、好きなことに使えるお金が増える!と思うと節約のモチベーションもあがりますよね^^それが大事なんです!



スポンサードリンク



貯金用の口座を開設しよう


さて、月々の出費を把握し、貯金の計画を立てることができたら、次にあなたが取るべき行動は、給与受け取り口座以外に口座を作ることです。


先程のように毎月の出費を計算し、貯金額を決定したら、速やかに給与受け取り口座以外に貯蓄用の口座を開設しましょう。


この時にネット銀行もぜひ、検討対象にいれてくださいね!店舗を持たないネット銀行は、経費が掛からない分、預金の金利が都市銀行よりもよかったり、口座開設の特典がよかったりします。

例えば楽天銀行などは、口座開設で現金がもらえたりしますよ。

→口座開設&定期預金で、もれなく現金最大1,500円♪楽天銀行


そしてお給料日に必ず、生活決済用口座から決まった金額を貯金用口座に移します。


普通預金通帳を作成し、毎月ATMを使用して自分で入金するでも良いです。


この際に、貯金用の普通預金口座にキャッシュカードを作成する必要はありません。キャッシュカードがあれば、確かに便利ですが、「足りなくなったら、こっちの普通預金から出金すればイイや」と、甘い気持ちが生まれるだけです。


「お金を出金する時は、印鑑と通帳を持って銀行に行かなければ…」と思えば、貯金用通帳のお金には頼らなくなります。


ちなみに、入金だけなら銀行のシャッターが降りた後でもATMを使用して通帳で行えます。

よってキャッシュカードは必要ありませんよ。



積立式定期預金などをうまく活用して

359_R

また、積立式定期預金や定期積立を作成するのも良いでしょう。


これらの通帳を作成するには、印鑑を持って一度銀行に足を運ぶ必要があります。


しかし一度作成すれば、毎月自動的にお金を振り替えてくれます。自分で入金する手間が省けますよ!


朝一番に引き落としがかかるので、あなたがお給料を引き出そうとする時には既に、積立用の口座に資金は移動しており、強制的に貯金できるというメリットがあります。


定期積立は満期が決まっていますが、積立式定期預金は期間を定めないものも多いです。


ちなみに、メガバンクでは定期積立よりも、積立式定期預金が主流となっていますよ。



個人年金保険の活用も視野に!


あなたの貯金の目的が、「近い未来の為」(結婚資金や、いざという時のお金)であれば、以上のような流動性の高い預金商品が適していると思われます。


しかし、貯金の目的が「遠い将来の為」(老後資金や退職後の年金の補完)であれば、「個人年金保険」等も視野に入れてみても良いでしょう。


なんか難しそう!なんて思わないでくださいね!大丈夫、難しくありません!


「個人年金保険」は、その名の通り、「将来、年金で受け取る為の資金」です。


年齢の若いうちに加入すれば、月払い5千円以内で契約出来る場合もありますし、何よりも利回りが定期預金よりも魅力的です。

契約内容によっては何十万と増えて返ってくる場合もあります。


ただ、デメリットとしては中途解約してしまうと、払い込んだ保険料よりも解約返戻金が少なくなり、元本割れの可能性があるということ。


貯金の目的によって、商品の選択を行いましょう。



最後に


確実に言えることは、「手取り15万だから貯金できない」というのは、とっても厳しいようですが本当に言い訳だということ!


やれる人は、お給料からさっさと貯金しています。


あなたもぜひ今日から行動して、将来に備えてくださいね!

(ライター Angie)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

Angie
Angie
元郵便局員のAngieです!ライフプランに合わせた、マネープラン、金融商品のことなどお金に関する話が大好き。
毎月貯まっていく貯金用の通帳残高を見るのが密かな楽しみです(ま、微々たるものだけど!)

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ライター様募集
昨日よく読まれた記事Best15
最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
ツールバーへスキップ