恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

専業主婦になりたい女子に考えてほしい厳しい3つの現実

読了までの目安時間:約 5分

 

「もう仕事つらいし、早く専業主婦になりたい!」と思うことってありますよね。

最近は「専業主婦になりたい」という20代女子も増えているとか。

でもちょっと待って!

専業主婦って一見楽そうだけど、精神的には結構大変で、意外に向き不向きがあります。後で後悔しないためにも、自分が専業主婦向きかどうかを判断するために専業主婦の3つの現実をご紹介します。



スポンサードリンク


1.モチベーションが上がりにくい

518_R

家事も育児もは、頑張ったからと言って必ず褒めてもらえるわけでも、お礼を言ってもらえるわけでもありません。

特に何十年も続く生活の中では、きちんとやることが当たり前。やらなければ落ち度と見なされるかもしれません。

さらに、専業主婦とは家族優先で時間を使うことも暗黙の裡に求められます。なぜなら、それが仕事だからです。

何でもやって当り前で、自分のことより家族が優先。そんな中でも、「家族の笑顔が見られればいいの!」と無心で尽くすことに幸せを感じるなら、あなたは専業主婦向き


もし、自分の仕事を誰かに認めてほしいという気持ちが少しでもあるなら、専業主婦ははっきりいって向いていません。


「でも、今の仕事も全然好きじゃなくてモチベーションが上がらない…」と思っても、仕事であれば成果を出せば嬉しいでしょうし、定期的に評価される機会や昇給もあるでしょう。


一方、家に居るとあなた自身が掴み取れる成果や成功は限られてきます。専業主婦は自分自身で感じられる成果が少ないので、「子どもの成功が自分の成功」のように思ってしまい、子どもの受験やスポーツ、習い事に執拗に熱心になってしまう人もいるのです。


今の仕事が好きではないなら、転職という手段もあります。当たり前のことですが、仕事は変えられます。

家族から必要とされるのは家族だから。実力で評価してくれるのは他人です。自分の能力を発揮したいという欲が有るなら、外へ発信してみては?



スポンサードリンク



2.世界が限定される



自分と同じ年代の友達や、同じような子どもを持つママ友は出来るかもしれませんが、ママ友は所詮子どもを通じた「知り合い」であり、友達とはまた違います


それなのに、ママ友同士で仲間外れにされて苦しいと感じるのは、他に付き合いの世界が無いことが一因です。


打ち込める趣味などが有ればそこから世界も広がるのでOKですが、やりたいことや趣味も特に無いと、行き詰まった時の逃げ場が有りません。

逃げるだけの人生はもちろん楽しくないですが、いざという時には自分が潰れる前に逃げるべき


通勤の為に電車に乗るだけでも、簡単に世界が広がります。耳に入ってくる話や目に入ってくるものが一気に増えるでしょう。

綺麗な女性を見かけて参考にも出来ますし、外に出かけることでおしゃれの気合も変わります。


また、専業主婦の妻の話題は子どものことばかりになりがちですが、仕事を続けていれば話題が新鮮かつ豊富で、魅力的な妻の姿を見せられるかも!


ただし、仕事の愚痴を毎日延々と語ってしまうタイプは旦那さんに嫌がられることもあるので、注意!



3.自分の人生だという自覚を持ちにくい

593_R


お金が全てではありませんが、お金を稼ぐというのは大なり小なり何らかの努力が伴うもの。

誰かに助けてもらうだけで成り立つことは稀でしょう。


自分で自分の人生を作り上げている実感を持てると、毎日が楽しくなります


また、旦那さんに家計を頼りきりでは彼の負担にもなるでしょうし、彼が働いていることへの感謝も実感しにくいのでは。

自分の子どもが社会人になる時にも、さらっとアドバイスをしてあげられると母であるあなたへの尊敬の念も強まりますよ。



まとめ


悪い未来は想像したくないけれど、家計のピンチや離婚・死別もあるかもしれません。

そんな時、専業主婦でいることってとってもリスキーです。

そうなったらそこから働けばいい?専業主婦期間が長くなるほど、社会復帰は大変ですよ!


林真理子さんの「野心のすすめ」を読むと、悩みなく幸せな専業主婦になることがいかに難しいかということに気付くかもしれません。


専業主婦希望の方はぜひご一読を。


→【楽天ブックスならいつでも送料無料】野心のすすめ [ 林真理子 ]


(ライター lulu)


スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ