恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

仕事辞めたい!働きたくない!女性に考えてほしい3つのこと

読了までの目安時間:約 6分

 

働く女性が多い現代、男性と同じように出張して残業して、責任あるポジションに就いている女性も少なくありません。

女性への偏見や、家庭との両立、上司との不仲、オーバーワークなど、「辞めたい!」と思うこともあるでしょう。

そこで今回は、「もう辞めたい!働きたくない!!」という人に考えて欲しい3つのことをアドバイスします!



スポンサードリンク



何故辞めたいのか、じっくり理由を考えよう!


会社に勤めていれば、色々な場面で「もう辞めたい!」と感じることはあるでしょう。

・どんどんエスカレートする責任や多忙さ
・家庭との両立の難しさ
・「女性のくせに…」という偏見
・気が合わない職場メンバー
・そもそも作業が性に合わず、限界

少し考えただけでもいくつか理由が思いつきますが、あなたが今辞めたいと思う理由はどれでしょうか?

仕事を辞めることは、悪いことではありませんが、「なぜ辞めたいのか」もう一度見つめ直し、辞めたい理由に向き合ってみましょう。


例えば、家庭との両立が難しいのであれば家事分担の協力を旦那様にお願いできないか、気が合わない職場メンバーがいるのなら周囲に相談してみたり、作業に面白さが見出せないのなら何か工夫できることはないかなど、まだ改善できそうな余地があるのなら辞めるのは少し待ってみてください。


同じ「辞める」ということにしても、「理由をきちんと見つめて辞めた人」「ただ何となく面倒だし嫌になって辞めた人」では、その後の影響が全く違います。

理由をきちんと見つめ直し、今よりもより良い環境を模索していって下さいね♪



辞めた後、何がしたいのか決めてから行動しよう!

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

もうこの会社は辞めたい!と思った時、「今ここから抜け出したい」ばかりに気を取られ過ぎて、「次は何がしたいのか」が分からない人がたくさんいます。

そうなると、転職活動もイマイチですし、自分の中での優先順位のポイントがぼやけて結局失敗してしまいます。

・給与面や手当が不満だった→報酬重視で会社を選ぶ
・新しい職種に就きたい→退職までに資格取得を目指す
・子育てに専念したい→家事や子育てに喜びを見つける

など、次の行動の目標があれば辞めるまでの間、準備期間にもなりますし、失敗せずに次の人生に進めます。会社に勤めていれば、嫌なことの1つや2つあるものです。

その際に「こういう理由で辞めたい」「辞めたらこういう生活をしたい」と今とこれからのビジョンをしっかり持つことなく、「もう嫌!」だけで辞めてしまうと、後々「こんなはずでは…」「思っていたのと違う…」と失敗しやすいのです。


失敗したと思っても、1度辞めてしまってはもう同じ職場へ戻ることはできません。

もしこれから仕事を辞めたい、もう働きたくないと考えている人は、是非その後に何をしたいのかという目標を定めてからにして下さい!

もちろん、「楽してゴロゴロ生活したい」なんて希望はダメですよ(笑)


スポンサードリンク



働かなくなっても、自分磨きは続けておこう!


今は家庭に入りたいと思っていても、いざ働かなくなると、人と会わない生活や仕事が無くてハリの無い生活から、やっぱり働きたい!と考える女性も少なくありません。


また、家事や子育てに専念した後、ある程度手が離れたらまた社会に復帰したい人もいるでしょう。

その時のために、自分磨きは是非続けていって下さい。


ちなみに、ここで言う自分磨きとは女度を上げることではありません。

例えば資格取得でスキルアップをしたり、新聞やニュースなどで幅広い知識を身につけたり、仕事関係でなくても効率的に家事や料理を済ます方法や、「こんな商品あれば良いのに…」というような便利グッズを思いついたり何でも良いのです。


資格取得や知識を深めるのはもちろん、効率的な家事や料理を意識することで常にベストな段取りを考えることができますし、もしまた働き出すとなったら、家事や育児と両立させなければならないので、スピーディな家事はかなり役立つはずです。

また、「こんな商品があったらなぁ」と生活に便利なものを考えることで、アイデア力も増しますし、会社を辞めてしまった場合は、是非閉鎖的にならずにどんどん積極的に自分のスキルを蓄えていって下さいね♪



最後に


仕事を辞めるという選択肢は、決して悪いものではありませんが、「ただ嫌だから」という理由だけで辞めると後悔します。

もしも辞める際には、その理由と、辞めた後の目標、自分磨きは怠らずに、次の目標に向かって見つめなおして下さいね♪

(ライター ぱんちゃん)



スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ライター様募集
昨日よく読まれた記事Best15
最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
ツールバーへスキップ