乳がん,治療,費用

女子ハウ

乳がんの治療費用はどれくらい?知っておきたいがんの現実

読了までの目安時間:約 5分

 

先日、俳優の今井雅之さんが
大腸がんで闘病中であることを公表されていました。

日本においての死亡原因の1位は昔から変わらず「がん」です。

今回は女性にとって特に怖いがんのひとつである「乳がん」について
その実態と治療費用などに触れてみたいと思います。



スポンサードリンク



乳がんの現状

442_R

乳がんは日本人女性にとってもっとも多いがんです。

2013年の乳がん患者数はおよそ13万人で、(全国乳がん患者登録調査報告書)

2番目に多い胃がんの約7万人に対して、2倍近い患者数となっています。



乳がんの費用

113_R

それでは、もし実際に乳がんになってしまった場合、
その費用はどのくらいかかるものでしょうか?

かかる費用としては

  • 医療費
  • 通院のための交通費・宿泊費など
  • その他費用(サプリメント、かつら、ストレスを癒すためのエステ費用など)


そして費用面だけでなく、収入の減少も考えなくてはいけません。


スポンサードリンク



治療している間は働けないか、
働けたとしても治療開始前と同じ仕事は難しいでしょう。


実際、乳がん患者のおよそ3割が、職務の変更あるいは退職を迫られているそうです。


以前著者のお客様に、かかった費用の総額を伺ったことがあるのですが、5年間の乳がんにかかった費用総額460万円ほどだったそうです。
(治療費の他、交通費や治療に関わる書籍代、漢方薬などの雑費含めた領収書の合計金額)


治療開始1年目に特にその費用は集中しており、手術や放射線治療などの通常の治療費の他、女性用下着なども治療専用の物を買い揃えなくてはならず、(下着など専用衣服の購入だけで10万円ほどかかったそうです)


とにかく強くお話されていたのが、多額の医療費がかかることと、収入減少というダブルパンチであるということのようです。



乳がんにならないためには

294_R

そもそも乳がんの発生と進行には、女性ホルモン(エストロゲン)が関係あると考えられています。

食生活の欧米化に伴い、高タンパク・高脂肪の食事が増え、日本人の体格は向上し、そのため女性の初潮が早まり、閉経の時期が遅くなるという傾向があります。

そして女性ホルモンの影響を受ける時期が長くなったことが、乳がん増加に関連があると言われています。


乳がんに限らず、がんにならないために重要なことは、食生活の改善規則正しい生活

また適度な運動ストレスをためないこと生活習慣を正すことが何より重要です。


乳がんに関しては確かに遺伝の関連性も言われていますが、それよりも大きな影響を与えるのが生活習慣です。

20代・30代は生活習慣が乱れてしまいがちですが、少しずつ規則正しくしていけたらいいですね。



まとめ


乳がんで助かるかどうかの大事なポイントは、早期発見できるかどうかです。

乳がんに罹ってしまうことは確率の問題も関係しますから、避けられないこともあるとして、

早期発見できるかどうかは自分自身でなんとかできます。

  • 生活習慣の改善
  • 定期的な乳がん検診
  • がん保険などで治療費の確保



これらは自分でできることですから、一つずつでも準備していきましょう。

(ライター FPこまた)


スポンサードリンク

この記事を書いた人

FPこまた
FPこまた
30代~40代の子育て世代の貯蓄のお手伝いが使命
収入増加、そして節約のお役立ち情報をお届けします。

東川口相続FP事務所ホームページ
http://souzoku-fp.hungry.jp/


FPこまたのブログ「日常役立つ!お金・法律のマメ知識」
http://ameblo.jp/souzoku-fp-kmt/

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ライター様募集
昨日よく読まれた記事Best15
最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
ツールバーへスキップ