アラサー女子,恋愛

女子ハウ

アラサー女子の恋愛力・女子力アップにおすすめの本5選

読了までの目安時間:約 5分

 

アラサーになっても、いくつになっても女子力アップは意識したいですよね。

そんな女子力アップは恋愛力アップにもつながります。

でもそもそも女子力って何から出来ているのでしょうか。エレガンス?色気?可憐さ?強さ?一体どうしたらいいの?

道に迷ってしまったアラサー女子必見!お手本にしたい、あの有名人女性達の本を5冊ご紹介します。



スポンサードリンク


1.ミスリンの凛と美しく生き抜くための50の言霊/前田義子



ファッションブランドFOXEYの社長である前田義子さんが、女性達に贈る「生き方」のアドバイス。

ファッションに関しては当然のことながら、仕事、いい恋愛、結婚相手に至るまで、刺さる金言の数々。自分で歩く力を付けることと、女子力を付けることとは、決して相反するものではないのだと分かります。


前田さんの本は他にも沢山出ているので、気になったら二冊目もどうぞ。



2.81-1/夏木マリ



残念ながら、若さだけを武器にする時代は、ここでもう終わってしまいます。

次に手に入れたいのは、強さ?美しさ?その二つを両立させるのは、とても難しいものです。

一歩間違うと、強さばかりが前に出てしまい、周りからは美しいと思ってもらえないことも…。あるいは、さっぱりしていると自分では思っていたのに、ただ単に雑なだけだったりして。

いくつになっても、強くて美しい夏木マリさんの秘訣は何でしょうか。これから訪れる30、40、50代のために、読んでおきたい一冊。いい男の選び方も参考になりますよ。



3.聞く・笑う、ツナグ/高島彩



女子アナこそ、”Queen of 好感度高い系女子”ですよね。

その中でも、エース級だったアヤパンこと高島彩さんが書いたのが、こちらの本。正に、女子力の塊とも言える本なのです。

話し方のプロであるアナウンサーとして語る、日常会話での上手な相づちの打ち方。幸せなゴールインを手にした女性として語る、彼の親に会う時のファッション

独身アラサー女子には非常に参考になる部分が多いですよ。どれも手軽に日常生活に取り入れられることばかりなので、すぐにでも実践してみましょう。



4.エロスのお作法/壇蜜


大人の女性として、そろそろ可愛さだけでなく、壇蜜さんの色気の数%だけでもいいから身につけてみたいものですね。

日舞、教員免許、調理師免許、葬儀のお仕事、グラビア、女優…と多彩な顔を持っている彼女。多彩な顔を持っているミステリアスな雰囲気が色気を作るのかもしれないと思いつつも、真似するのはなかなか大変です。

こちらの本は、「お作法」というだけあってテクニック的な部分が豊富。自分にも出来るものを見つけられそうです。


一方で、この本が決して表面的なテクニック本で終わらないのは、それが編み出されるまでの経緯が見えるからではないでしょうか。

「壇蜜」というキャラクターは、とても真面目で、相手の気持ちを考えて生み出されたものだということもわかる一冊です。



5.叶恭子の知のジュエリー/叶恭子



TVで見かける叶姉妹は浮世離れしたゴージャスな方々。その先入観で敬遠してしまうのはもったいない、必読の一冊です。

まずは手に取って見てください。本のデザイン、美しくて惚れ惚れしますよね。


ページをめくると、そこには思春期女子の質問に、一つ一つ真面目に鋭く答えていく恭子お姉さまが!


エロスに溢れるセレブだけの人ではなかったのですね…!思春期女子を対象にしているものの、未だに自分の軸や価値観が揺らいでしまうアラサー女子も思わず唸ってしまうはず

妹の美香さんの「おっぱいにつまっているもの 気くばり目くばり思いやり」という本も、タイトルには少々抵抗を感じるかもしれませんが、有能で温かみのある女性像が垣間見えて素敵です。

(ライター lulu)


スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ライター様募集
昨日よく読まれた記事Best15
最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
ツールバーへスキップ