恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

かまってちゃんの対処法!困った女友だちとやんわり距離をとる方法

読了までの目安時間:約 5分

 

かまってちゃんな女の子は、男性からしたら可愛い時もあるかもしれませんが、同性からするととても厄介なものですよね。

なるべくそういう人とは距離を置きたいものの、既に友達になった後から発覚すると縁を切るのに大変です。

今回は、かまってちゃんの友達を持ったある女性の上手な対処法をお話します。

こういう人いるいる!と思い当たる節がある人は、是非参考にして下さいね♪



スポンサードリンク


第一印象は普通!すぐに仲良くなったけど…


彼女が短大に通っていた時の話です。

学校で友達になったM子は、学籍番号が近く授業でも隣の席だった為、話す機会が多い人でした。

第一印象は普通。初めて見た時は自分と真逆なタイプだなと思いましたが、小柄ですこしムッチリしていて、良く笑うすごく可愛い子だと思ったそうです。


すぐに仲良くなり、その日のうちに連絡先を交換した彼女。

帰りのバスも一緒だったので色々な話をしながら、すぐに時間が過ぎていきました。しかし、彼女には気になることが。

M子ちゃんは一緒に話しながら帰っているというのに、ずっと誰かと携帯で連絡を取り続けていたのです。

ちょっと失礼だなと思いつつも、相手に返事をしないといけないのかもと気にしないようにしているうちに、彼女の降りるバス停についたのでバイバイをして別れました。



気に入られたものの、すごい着信…

22db202d7d455126faf234686767cdad_s
彼女とバス停で別れた後、彼女は電車に乗ったのですが、疲れていたためそのまま家の最寄り駅までぐっすり寝てしまったそうです。

ふと携帯を見るとM子ちゃんからの連絡が15件!!!

何か急用かと慌ててメッセージを見ると、

「これからよろしくね!」
「また明日も楽しみやね!」

と連絡が来ていたのですが、彼女は寝ていたため当然返信はしていません。


その返信がないことが気にくわなかったのか、続いてこんなメッセージが届いていました。


「返事ちょうだいよ」
「嫌われちゃった?」
「シカトとかひどい…」
「もういいよ明日から話さない」


正直、とても一方的でドン引きな内容ですがあまりの急展開に彼女も慌ててしまって、寝ていたことを説明し、返事が遅れたことを謝り、これからもよろしくという内容のメッセージを送りました。


すると1分もしないうちにM子ちゃんから返信が!

「シカトされているかと思って悲しかった」「これからは早く返してね」と返信をする間もなく続々メッセージが届きました。


その後もM子ちゃんに気に入られた彼女は、毎日彼女からのメッセージ地獄に付き合うことに…。

M子ちゃんは常に誰かと連絡をとっていたため、誰かとつながっていないとダメなタイプなんだと今更ながらその面倒な性格に気づき、仲良くなってしまったことを後悔したそうです。



スポンサードリンク



嘘も方便!適度な距離感を自分で作ろう!


1週間くらいは面倒でも我慢してM子ちゃんの返信に付き合っていましたが、さすがの我慢の限界に…。

どうにかしたいと考えました。正直に「無駄な連絡はやめて」「面倒臭い」と言ってしまうと、きっと学校で大騒動するだろうと思った彼女は、携帯を無くしたとフリをすることに決めました。


携帯の電源は常にOFF

M子ちゃんには無くしてしまって連絡しても返信できないと伝えました。家族には用があったら留守電に入れておくように頼み、友達との連絡はしたくても我慢したそうです。


学校では毎日、まだ見つからないのかと聞かれましたが、毎日毎日ごまかし、5日くらい経った頃やっと聞かれなくなったのでメールを確認してみると、それまで毎日しつこく入っていたメッセージが、全く届いていなかったそうです。


念のためそれから2日は無くしたフリを続けて、メールが届いていないことを再確認してから見つけたと報告したそうです。

見つかったと聞いたM子ちゃんはホッとしたようでしたが、それから無駄に多い連絡はパタリとなくなりました。


嘘はいけないものですが、この場合は嘘も方便!

M子ちゃんの彼女に対するブームが過ぎたところで適切な距離になったので、今も友達を続けているそうです。



最後に


連絡がないと不安なタイプには、いきなり突き放してしまうとヒステリックになったり、待ち伏せされたり、ますます執着を強めて逆効果になってしまいます。

彼女のように、「携帯を無くした」というどうしようも無い状況で責められないようにし、ほとぼりが冷めるまで待つのも1つの賢い方法ですよ♪

(ライター ぱんちゃん)



スポンサードリンク

この記事を書いた人

ぱんちゃん
ぱんちゃん
長年経理事務として細かーくお金の仕事をしてきました。人の気持ちを考えて、色んな背景から深く分析するのが大好きです。

「明るく楽しく頑張ればいつかご褒美が届く」がモットーで、ギスギスした暗黒時代を経た今は、笑いの絶えない家庭を築き中です♪

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ツールバーへスキップ