恋愛,ノウハウ,ライフスタイル

女子ハウ

赤リップを付けたい日のアイメイクの3つのポイント

読了までの目安時間:約 4分

 

流行は巡り巡っていますよね!

最近人気の赤リップ!

でも赤リップだけでも存在感が強いので、その赤リップに合わせるメイクとなるとどれが正解?と思ってしまいますよね。

一歩間違えてしまうとケバイメイクにもなってしまいますからね・・・

そこで、赤リップを付けたい日のアイメイクのポイントをご紹介したいと思います。



スポンサードリンク


赤リップを使う日こそアイメイクはシンプルに!


先ほども言いましたが、赤リップがあるだけで顔の印象は華やかになります。

そのリップメイクに合わせるアイメイクには、とことん考え込まなければただのケバイメイクになってしまいますので、ここは研究が必要です。

派手な色に派手な色を合わせると、どう見てもごちゃごちゃした印象なってしまいます。

しかし、派手な色にシンプルな色をプラスするとそこまで派手ではなくプラスマイナス0の印象になります。

そして、女性らしさのみを引き出してくれます。

どんなシンプルメイクが良いのか・・・

日本人の肌にはブラウン系のアイシャドウがピッタリと合い、シンプルな目元を作り出すにはピッタリのアイカラーなんです!

ただし、ブラウン系のアイシャドウと言ってもラメの入ったものやパールの入ったものがありますが、光沢は少なめのブラウンカラーのアイシャドウが赤リップの華やかさを引き出し、落ち着いた目元を作り出してくれるのでお勧めです!



赤リップを最大限に引き出すメイクはコレ!

lip
ただそこにあるだけで、女性らしさも華やかさも魅せてくれる赤リップ!

そんな赤リップをそのまま印象的に見せるためには、最低限の肌馴染みの良いブラウンカラーのアイシャドウと、アイラインのみ!

アイラインはいつもの様な控えめなラインではなく、アイライン引いてます!って感じで主張させるような少し太めで長めのアイラインがおススメ!

とことんシンプルなアイメイクに赤リップを合わせる事でキリッとしたクールな女性を作り出すことが出来ちゃいます。



スポンサードリンク



強い女性を引き出す赤リップ×あれ!


上記でご紹介したアイメイクは主に女性らしさを主にご紹介しましたが、今回は女性らしくもあり、クールさもあり、さらには強い印象与えるためのアイメイクです。

いろんなカラーを使ったアイメイクに赤リップは絶対にNG!

だからこそ、単色のアイシャドウに赤リップが映えるんです!

そのカラーこそブラックのアイシャドウです。

しかし、まぶた全体にブラックのアイシャドウを塗ってしまってはロックのようなパンクのようなイメージになってしまいますので、ブラックのアイシャドウは目尻部分に隠すように乗せてあげるんです。

アイラインをぼかす時に一緒にブラックのアイシャドウを乗せてあげる事で、クールと強さを合わせた印象の目元になり、赤リップがさらに映えるんです!

赤リップを使用するときはアイメイクは必要最低限に!

これが鉄則です!

(ライター Miki)



スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

脱毛器
ライター様募集
昨日よく読まれた記事Best15
最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
ツールバーへスキップ